K's Weblog

kitagawa.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 14日

マレットフィンガーって、何?!

a0017324_20285251.jpg
数日前の昼、カウチに座っていつものようにパソコンでYouTubeを見ていて
体勢を変えようとお尻を浮かした時なぜかよくわからないけれど
たまたま左手がお尻の下に入ってしまい、そしてたまたま薬指だけがなぜか
上に向かって立っていて、その上に大きなお尻が「ドーン」っと乗っかり
「痛ぇーーーー!」

見てみると第一関節から先ががっくりうなだれているかのように
下に垂れ下がり、自分の意思ではどうすることもできない。
右手の指でつまんでまっすぐにしてやると痛みも何もなく
素直に元どおりになるのだが離すと「がっくり」。

「おいおいおいおい!これってめちゃヤバいんちゃうん?!?!」
これ、声に出して言いましたがな・・・。

なにはさておき冷やすことが第一とじっくりと氷で冷やし、しばらくして
様子をみてみると腫れはさほどひどくなく、素人目にも骨折は免れたかと
一安心。でももちろん指の先はがっくりとうなだれたまま。
ネットでいろいろと調べてみるとこの症状は突き指の一つ、
マレットフィンガー(槌指)だろうと推測され、病院に行くまで
とりあえず指先が曲がらないように添え木になるようなものを付け
粘着包帯で巻き、翌日の病院の予約を入れた。
この時点で3週間後に控えた日本でのツアーのことを考えちょっとパニック。
もしキャンセルなんてことになったら「おおおおおおお、どうしよ、やべぇーーーー!」
と、これも声に出して言いましたがな・・・。

さて翌日の朝、診療所(というのにふさわしいこじんまりとした佇まい)に
行くと、NYの病院ではまず予約していても1、2時間待ちなんてざらなのに
なぜか11時予約で名前が呼ばれたのが11時、まぁ、でもそれも当然で
小さな待合室には僕の他は誰もいなかったから。
さてドクターに「どうしたの?」と聞かれ「突き指です」とがっくりうなだれ薬指を
見せると「あー、OK。マレットフィンガーだね」と即断。やはり典型の症状らしい。
そしてレントゲンを撮る、というか、小さな台の上に手を置き、上からX線が照射され
そのまま横のモニタースクリーンに骨の状態が映し出されるという見たことのないような
優れもので確認、骨に異常はなくてホッと胸をなでおろす。
がっくりしている理由は腱が切れたというか伸びたというかどちらのなのかよくは
知らないけれど、とにかくしばらくの間指先は伸ばしたままにしておくようにとのこと。

そのしばらくというのがなんと驚愕の8週間!!!

またまたここで「北川潔、日本ツアーキャンセルか?!」という一文が頭のなかを、
まるで昔の大阪梅田の丸ビルの電光掲示板のニュースのようにクルクルと回り始めた。
ただ不幸中の幸いか怪我をしたのが薬指。
ベーシストは高音部を弾くとき以外は薬指は小指などの力の弱い指の
補助の役目で実際に弦を押さえて音を出すことはない。
「痛みもまったくないし、ひょっとしたらベース弾けるかも」と
かすかな希望がはらはらと天から舞い降りてきた。
早速家に戻り、ペーパークリップ(!)で代用された添え木を付け
粘着包帯でぐるぐる巻きにされた薬指でベースが弾けるのか試したところ、全然大丈夫!
ホント、普通に弾けるやん!

脳内丸ビル電光掲示板のニュースは「北川潔、日本ツアーは予定どおり行うとのこと」に
変わっていた。

ということでいろいろトラブルがありましたが
4月3日からのツアー、予定どおり行いますのでご安心ください。

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2015-03-14 20:30 | diary


<< 北川潔 WALKIN'...      ベテランベーシストと浦島太郎の関係 >>