K's Weblog

kitagawa.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 04日

Duo & Trio Tour in Japan (12) 〜人間ドック&国分寺 "T's"

a0017324_06210404.jpg
11月15日(sun)
今日は人間ドックの日。(なぜか病院での写真が1枚もない。緊張していたのかなぁ・・・。)
以前1度だけ大阪で受けたことがあるが相当前の話。その時初めて胃カメラを飲み
自分の胃のあまりの綺麗さに驚いたことをよく覚えている。

数ヶ月前からネットでいろいろ調べてなんとなくよさそうな病院があったので予約。注意事項が書かれた紙や
問診用紙、それに検査キットが入った封筒を送る必要があるとのことでマネージャー氏宅に送ってもらいあとで受け取る。
それによると胃カメラ検査を受けるにあたって前日夜10時以降はなにも食べないこと・当日朝はお水はコップに半分ほど
だけなら飲んでいいがそれ以外飲食不可。まぁ、半日断食をしている身にはなんてことはない。

朝11時、病院へ。早速ロッカーで着替え待合室。ここの待合室が医院長の趣味なんだろうか、真空管のアンプとメーカーは
確認しなかったが見るからにいい音がなりそうなスピーカーが設えられている。かかっている音楽はもちろんあたりさわりの
ないイージーリスニング。でもまるでお金持ちのおうちの応接間にいるようにゆったりとしてとても居心地がいい。
ここでワインでも飲みながらジャズでも聴けたらいいだろうなぁと妄想しかけたところで順番が回ってきて呼び出された。

最初は尿を採取、その後血液採取、それから身長・体重測定、視力・聴力検査等々等々一つ一つの検査にかかる時間は
ものの1、2分、実に手際よく進んでいき、次はCTスキャンというところで医院長が登場。
身体中を輪切りにすることによっていろいろなことがあからさまになるわけですね。

そして次は待ってましたの胃カメラた〜いむ。
鼻経由で飲むので麻酔やなにやらを霧吹きのようなもので鼻の穴にいろいろと吹き込まれる。
麻酔が効いてくるまで5分ほどかかりそれからベッドの上に横になる。モニターTVは頭の上にあり少し見上げる感じだが
問題なく見ることができる。
鼻から入っていき食道を通ってどんどんと下へ降りていく。軽く異物感はあるものののーぷろぶれむ。
胃に入りいろいろカメラの先の角度を変えてチェック、十二指腸の方にも入っていきチェック、そこから胃に戻ってきたときに
ドクターが「ポリープがいくつも見えるでしょ?でもこれは全然問題ありませんからねぇ」と。
「あと、ほら、ちょっと赤くなってるのが見えるでしょ?少し炎症があるから暴飲暴食はダメですよ〜」とも。
そう仰られてもねぇ、たまの「来日」ですからねぇ、美味しい国日本ですからねぇ、とはもちろん言えず
コックリと頷く。そこからあとはスルスルと抜いていくだけ、最後に鼻毛もじゃもじゃが見えてツルッと抜けて終了。

これで全行程終了、最後に着替えて医院長から検査結果の報告がある。
医院長からの結果報告は、まず肥満である(知ってます・・・^^)、胆石がある(実はこれも知ってます^^)、腹腔内の
脂肪が多すぎる(薄々気づいてました・・・^^)、尿酸値が高い(よ〜く知ってます・・・^^)などが主だったところか。
しかし、今更ながらに気をつけないといけない点を指摘されとてもよかったと思う。

そして食生活に関しても注意を受け、簡単に言えば「低炭水化物ダイエット食」を励行するよう指導された。
普段ご飯はそれほど食べないと思うんだが、うどんやそば、それにパスタ!はよく食べるし、パスタのお供にパンもよく食べる。
とりあえずパスタと麺類、それにパンはやめる。ただ、ツアーで外食が多い身の上なのでパンに遭遇するチャンスは
やたらと多い。なので、まぁそこは「緩やかな」ダイエットということで甘くなることもあるかもしれないが・・・。
とにかく野菜とたんぱく質、肉と魚を多く摂るようにとのこと、特に豆腐は食べまくってくださいと言われた。
ちょっとがんばってみようっと^^

お昼すぎには終わりホテルに戻る。
ベーシストの佐藤”ハチ”恭彦氏から「ジャムセッションやってるから来て〜!」とのお誘いがあり、
夕方から国分寺の"T's"へ。
ウェブサイトの地図を頼りに駅からプラプラ。方向”若干”音痴な僕は何度か迷いながら到着、お店の前にはハチがいた。
店内からはいかにもジャムセッションといった若々しいサウンドが聴こえてくる。
早速中へ。ハチの「食事もお酒も美味しいですよ〜」との一言に昼間の人間ドックの結果がこだまする^^;;;;
ビールをいただいたあとは冷でお酒をいただく。いや〜、美味しいねぇ〜。
セッションはみんな上手で一緒にやっても楽しいし、聴いていても楽しい。
途中ハチがアルトを出して共演、これがめちゃカッコイイ!それにしてもなんでベースも弾けてアルトも吹けるの?!
最後の方ではベースデュオも実現、お見事でした、脱帽です。
美味しい料理と美味しいお酒と楽しいジャズ仲間たち、もう言うことなしの夜だった^^
a0017324_06210452.jpg

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2015-12-04 08:11 | diary


<< Duo & Trio Tour...      Duo & Trio Tour... >>