K's Weblog

kitagawa.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 09日

11.20(fri) そしてやっとブラジルへ。


a0017324_07103331.png
11月20日(fri)

翌朝4時頃起床、まだ時差ぼけ真っ只中なので苦もなく起きる。ゆかさんを5時に起こしてまたまた空港へ。
チェックインはもうすでに終わっているのでセキュリティだけを通ってラウンジへ向かう。
その途中、ジョンから電話が入り「ブラジルのプロモーターからこのフライトはキャンセルになったとの留守電を聞いた。
もし本当なら他の便を取らないといけないからラウンジかどこかで確認して」とのこと、おいおい、おーーい!
まずはモニタースクリーンで確認、サンパウロ行きが見当たらない・・・。げっ、マジで・・・。

ラウンジに急ぎそこで聞いてみる。
「8時半のサンパウロ行きは飛びますよね?」
「いえ、サンパウロ行きは夜7時半発で朝の便はないです。」
「いや、昨日のその便がディレイになって今朝飛ぶことになってるはずなんですが」
「・・・、それは知らないですねぇ、ちょっと待ってください(と隣の同僚男性に聞いてみるが彼もなにも知らない様子)、
椅子に座って待ってください。今調べてわかり次第お知らせします。」
というなんとも不思議な会話を取り交わした。

とりあえずコーヒーでも飲んで待っていると5分とたたずに呼び出された。「確かに8時半にサンパウロ行きは飛びます。」
うーん、そのブラジルのプロモーターの情報は一体どこから来たのか???なんだか謎だらけのこのフライトだけど一応
飛ぶとのことなので一安心、ジョンに電話して経緯を話す。
でもダブルチェックの意味も兼ねて早めにゲートへ行く。昨夜と同じゲートだ。もうすでにたくさんの人が集まっていた。
ゲートのモニタースクリーンにもSao Paulo, Brazil Departure 8:30amとなっている。
おわびのしるしか、ゲートにはデルタからコーヒーやベーグル、ドーナッツ、ヨーグルト等々軽い朝食が用意されていた。
しばらくして無事搭乗開始、やっとだねぇ〜。
13時間ディレイのせいで搭乗客は若干少なくなったようだ。急ぎの人たちは別の便や航空会社を使ったんだろう。
ドアも閉まり無事離陸。9時間ほどのフライトだ。
a0017324_06390998.jpg
サンパウロ着はNYとの時差が+3時間なので夜9時頃、そこから車で約3時間揺られてサンペドロという小さな街へ。
a0017324_06390965.jpg
夜中12時過ぎやっとホテルに到着。まぁ、いろいろあったが無事に到着できて結果オーライ。
チェックインして部屋に荷物を入れてやはりなにかドリンクが必要ということであたりきしゃりきのカイピリーニャ
a0017324_06390926.jpg
これがね、ホント、美味しかった!長旅の後のドリンクということもあるがさすが本場と唸らせるものがある。
2杯ほどいただき部屋に戻って就寝。やっと横になれて嬉しい・・・。

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2015-12-09 07:16 | diary


<< 11.21(sat) &quo...      11.19(thu) そう簡単... >>