K's Weblog

kitagawa.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 09日

Jon Faddis and Triumph of Trumpets in St. Thomas, VI 12.28(mon)-31(thu) 2日目

a0017324_02272930.jpg
12月29日(tue)
朝7時起床。寝ぼけまなこでベッド脇のライトをつけようとするがなぜかつかない。TVもつかない。
そこへテキストで情報が入り、全島停電とのこと、ありゃまぁ・・・。
午前中、メンバー全員で音楽学校でのワークショップが予定されているが、学校には発電機が備えてあり問題ないとのこと。

9時にピックアップされ学校へ。ワークショップは10時から校内のシアターで行うことになっているがステージは真っ暗。
肝心のまだ発電機が動いていないらしい。ワークショップの後はお昼過ぎからサウンドチェックがあるはずなんだが
大丈夫なのかぁ???
a0017324_02230231.jpg
とりあえずワークショップの場所を変更して教室で行うことに。10時から12時までジョンが司会進行役となり和気藹々と
した雰囲気の中、楽しく真面目にジャズについて話をする。僕を除くメンバー全員が学校で教えているのでさすがに慣れたもの、
Q&Aでも生徒たちの興味を引くよう冗談を交えながら、でも要点はきちっと押さえて話をしていく。僕はまるで生徒の一人に
なったような気分で「先生たち」の話を聞いていた^^;; 

お昼ご飯はケータリングが来ているのでシアター横のテントでいただく。
そのあとサウンドチェック。発電機が働いているのか、停電が直ったのか定かではないがいずれにせよ電気は復旧していた。

さて、今回使うベースについて。楽器自体はまぁまぁなんだが、いかんせん弦高が高過ぎる。アジャスターは付いているがすでに
これ以上下げられない位置になっている。もしシアターが冷房バッチリで楽器が乾燥していたら問題ないんだが、残念ながら
このシアター、出入り口のドアは普通に付いているんだが、横の壁がワイドオープンな構造になっていて空調が設置されていない。
ステージは湿気まくり、楽器は鳴らないし、弦は指にまとわりついて弾きにくいし。その上、このバンドのレパートリーが
アップテンポとバラード、そしてボサノバしかなく、それもアップテンポの曲はフロント4人が延々(文字どおり延々・・・)と
ソロを繰り広げるもんだからやはり弦高は低めでないときつい。
ワークショップが始まる前にベースの生徒の一人に相談したところ心当たりがあるので別のベースを持ってきてもらうことに。
それほどいい楽器ではないが弦高はパーフェクト、うん、弾きやすい。

サウンドチェックも終わりホテルに戻る。
奥様連中はビーチやバーでエンジョイ中、ゆかさんもビーチチェアに寝そべり港に入ってくるクルーズシップを眺めながらの
リラックスタ〜イム。ちなみに来週1月17日から1週間、ケニー・バロントリオでジャズクルーズの仕事があるんだが、
またここセントトーマスにやって来ることになっている^^
a0017324_01311540.jpg
僕も短い時間だがビーチに出て少し休憩、海の中にも入って疲れた頭と身体が癒される。

コンサートは7時半スタートだが、ディナーのケータリングが用意されているので6時前にホテルを出発することに。
会場到着後腹ごしらえして少しくつろいだ後コンサートが始まった。
a0017324_02272910.jpg
まず1セット目はカルテットで、ピアニストのラロ・シフリンがディジー・ガレスピーのために書いた5部からなる組曲、
”Gillespiana”(ガレスピアーナ)を演奏。ラロは「スパイ大作戦」のあの有名なテーマソングを書いた人。最近では一連の
「ミッションインポシブル」のテーマソングとして復活している。この組曲の演奏時間はほぼ45分、でも各ソロを長めにすれば
1時間ほどにすることもできるある意味「便利」な曲だ。
a0017324_02272938.jpg
2セット目はカルテットに3人のトランペッターたちが加わる。ジョン1人でさえ僕の姿は客席から見えにくいのに巨漢4人(ショーンとテレルはそれほどでもないが)が居並ぶと僕の姿は客たちの視界から消え去る。

セットリストはジャズファンなら誰でも知ってるトランペットの有名曲ばかり。
1.Birdlike 2.Con Alma 3.バラードメドレー 4.Seven Steps To Heaven
このバンドの1曲目はいつもアップテンポのブルース。延々各自ラッパソロを繰り広げた後、ピアノソロ→ベースソロ、
(いやっちゅうほどランニングベースを弾かされた上にまだソロまで回されるという、まるで罰ゲームのような曲だ^^;)
その後、今度はラッパ同士のトレードが延々と続く。それもどこかの時点で絶対に「誰が一番高音を出せるかコンテスト」に
なるもんだからやってる本人たちと叩きたいだけ叩けるドラマーは楽しそうだ・・・。
a0017324_02230233.jpg
終演は11時半頃、今日も長い1日だったので早々にみんな車に乗り込みホテルへ戻る。
バーは早い時間にクローズしているので大人しく部屋に戻り就寝。明日は夕方6時のピックアップまで何も予定がない自由行動、
よっしゃ〜、朝からビーチに行くぜ!
a0017324_04382705.png

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2016-01-09 04:51 | diary


<< Jon Faddis and ...      Jon Faddis and ... >>