K's Weblog

kitagawa.exblog.jp
ブログトップ

2016年 01月 30日 ( 1 )


2016年 01月 30日

The Jazz Cruise 2016 w/ Kenny Barron trio (2) Ft. Lauderdale ~ At Sea

a0017324_06193920.jpg
1月17日(sun)
朝9時半ロビー集合。ミュージシャンたちと数台のバスに乗り込み船乗り場に向かう。
今回のジャズクルーズに参加するグループは、Kenny Barron Trio, Emmet Cohen Trio, 3 Cohen Sextet,
Joey DeFrancesco Trio, Paquito d’Rivera, Jeff Hamilton Trio, Tommy Igoe Sextet, Joe Lovano Quartet,
Christian McBride Trio, Charles McPherson Quartet, Marcus Miller Group, HoustonPerson Quartet,
John Pizzarelli Quartet、そして他にもDavid SanbornやRandy Breckerなどのスタープレイヤーたちも。
それと錚々たるシンガーの皆さん、Dianne Reeves, Kurt Elling, Ann Hampton Callaway, Dee Dee Bridgewater,
Freddy Coleもそれぞれ自分のバンドを引き連れて乗船する。
船の中にはメインステージの他に3つの「ジャズクラブ」があり、一つの会場につき2、3バンドが毎夜ライブする予定。
ケニーのトリオは今日と明日、そして水曜と金曜の4回、それぞれ90分1セットのライブ予定となっている。

港が近づいてくるととたくさんのクルーズ船が見えてきた。それにしてもでかい。ホテルがそのまま船に乗っかったクルーズ船の
巨体には圧倒される。今回乗るのはホランド・アメリカのEurodam(ユーロダム)11階建のでっかい奴だ。

ターミナルに着いてそこで乗船手続きを行う。もう既にオンラインでチェックインは済ませてあるのでルームキーをもらうだけ。
そのカードキーのバーコードには部屋番号はもちろん名前や顔写真などの個人情報も入っていて船内の買い物、と言っても
お金を使う時ってバーで飲む時くらいなものだが、その時もこのカードを提示するだけで部屋にチャージされることになっている。
何せ船内の飲食(アルコール飲料とボトルや缶の飲み物はチャージされる)は全てフリーだからねぇ。
ルームサービス(24時間!)を頼んでもチャージされないし、チップの心配もしなくていい。

それでは船に乗り込みましょう。
a0017324_06200756.jpg
部屋はこじんまりとしているが大きなベッドと40インチほどあるTV、2人用のカウチ、シャワーはバスタブ付き、それに
窓から見ることのできる大海原、とてもいい感じだよ^^

11時半から9階でランチがサーブされるとのことなのでエレベーターでサクッと上がる。
a0017324_06201596.jpg
ここ9階のレストランではサラダバーをはじめとして各種料理がバフェー形式となっている。早速サラダバーでいろいろな野菜、
ゆで卵やまぐろのたたきを盛ってもらい着席、飲み物にボトルで赤ワインをいただく。カードキーをウエィトレスに渡すと、
ワイン代は自動的に部屋にチャージされる。このボトルは部屋に持って帰っていいとのこと、ボトル1本すべてをその場で
飲む必要がないからいいシステムだ。半分ほど残ったので部屋に持ち帰り部屋飲みすることにしよう。
まだ出航していないが明るい日差しの中、海を眺めながらのランチはいいものだ。

2時からミュージシャン全員集合のミーティング、リハのことなど細かな連絡事項が伝えられる。
そのあと3時すぎからは乗客全員出席必須の緊急時の訓練。カードキーには緊急時に使用する小型ボートの番号が書いてあり
各自そのボートの下に集合、点呼を受ける。もしこの訓練に来なかったら船を下されることもあるというとてもシビアで
大事なもの、幸い点呼漏れもなく無事終了。

4時出航なのでそれでは甲板に出て航海の門出を祝って乾杯しよう。
a0017324_06201550.jpg
カメラマンっぷりが板についたゆかさん、なかなかカッコいいじゃないか。で、彼女が撮ってくれた写真の1枚はこんな感じ。
a0017324_06193965.jpg
いつの間にかもう船は動き出していた。動く前に大きな汽笛の音でも聞こえるものと思い込んでいたがあてが外れた。
船はスルスルと極めてスムーズに港を出て行く。風は少し肌寒いがいい心地だ。
a0017324_06201535.jpg
嬉しそうなゆかさん、しばらくはテキストもメールも気にしなくていい生活ができるので余計に嬉しいんだよね。
a0017324_06193982.jpg
しばらく写真撮影、ビデオ撮影して楽しんだ後、部屋に戻りくつろぐ。
a0017324_06202843.jpg
今夜は8時からライブ。その前に3階のメインダイニングでディナーをいただきましょう。
a0017324_06202865.jpg
ここでももちろんワインをいただきましたよ。
a0017324_06202977.jpg
で、これが大ヒット、超〜美味しくてハイ・コストパフォーマンス!これももちろん残ったら部屋に持って帰ることもできるし、
なんとボトルキープもしくれるということで部屋番号を書いたステッカーも貼ってくれた。
でも、もちろんその場で飲んじゃったけどね。
a0017324_06202889.jpg
料理はゆかさんがサーモン、僕はステーキ、お味はまぁこんなものかなというレベル。前菜のサラダがとてもしょぼかったので
明日は9階のバフェーでサラダもりもり食べたいかな。

さて部屋に戻りライブの準備、と言っても着替えるだけ、チェッキーズを担ぎ船内を歩いて3階の"Ocean Bar"と呼ばれるバーへ。
どの会場ももちろんミュージックチャージなしのいつでも出入り可能、飲み物も別に頼む必要もなく、気楽に自分たちの
気分に合わせてジャズを楽しむことができる。もちろん90分間熱心に聴いてくれる人たちがほとんどだが、実際演奏が始まって
3曲ほど終わると他の会場に移動していく人たちがちらほら、ちらほら。出入り自由なジャズクルーズならではの光景かな。

ライブが終わって楽器をパックし部屋に戻る。今日は疲れたので早めに寝ることにしよう。
明日はまだどこに寄らないので一日中ずっと海の上、さて何をしましょうかね^^;

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2016-01-30 07:01 | diary