2016年 02月 05日 ( 1 )


2016年 02月 05日

The Jazz Cruise 2016 w/ Kenny Barron trio (6) St. Croix, USVI

a0017324_06480531.jpg
1月21日(thu)
昨日セント・トーマスを離れたのが夜中12時頃、そこからまっすぐ南下して朝も早い7時にはセント・クロイ着。
ここはセント・トーマスと同じU.S.ヴァージン諸島の一つ、だから昨日同様AT&Tがカバーしていて普段通りに
メールもテキストもOK。船内の割高なWifiを使うことなくこの1週間の船旅の間に丸2日間iPhoneを使って連絡可能だ。
ほとんどのミュージシャンたちが大助かりだね。

さて昨日のMagen's Bay Beachですっかり大満足の僕たちは、今日はゆっくりと船を降りて散歩がてら街を見物して船に戻って
遅いランチでも食べて、というような計画を立てていた。紫外線に疲れた肌も休ませたいのでビーチはやめだね。

朝10時ごろ街歩きの軽い格好で出発。桟橋から水を眺めていたゆかさん、いきなり指差し(何か気になるものがあると必ず
指差すという癖があります045.gif)「魚〜!」、昨日から水の中に魚を見つけてははしゃいでるねぇ・・・。
a0017324_06475363.jpg
どれどれと覗き込んでみると確かにたくさんの魚が泳いでいるけど、あの〜、海なんだから普通のことじゃないの?とは
口が裂けても言えないよねぇ028.gif

船の雄姿を見ながら桟橋をそぞろ歩き、その美しいフォルムには惚れ惚れしてしまう。
a0017324_06480522.jpg
時計台を激写する「フォトグラファーゆか」006.gif
a0017324_06480534.jpg
色鮮やかな真っ赤なドアと白い壁が美しい・・・、全然美しくないのが前に立っているけど027.gif
a0017324_06474110.jpg
黄色い柱がまたなんともフォトジェニック。
a0017324_06474042.jpg
きっとタクシーに乗ったらどこか観光スポットとかに行けるんだろうけど今日はリサーチもしていないし行く気なし。
このあたりはたいして見るようなものもないので最後にすぐ近くのビーチを覗いて船に戻ろう。

ここの海がまた素晴らしくきれいで、水の中で気持ちよさそうに遊んでいる人たちを見ていたらまた入りたくなってきた。
それでは、と大急ぎで船に戻り水着に着替えてまたまたビーチへ083.gif
a0017324_06481893.jpg
やっぱこれだね、こののんびり感がたまらなくいい049.gif
ゆかさんが手にしているのは石?貝ではないよね?石にしたら同じ大きさの穴がいっぱいあるのが不思議。
a0017324_06480525.jpg
彼女が立っているあたりまでは砂なんだけど残念なことにもう少し入っていくと岩や石がたくさんゴロゴロしていて足が超痛い007.gif
ゆかさんは上手に大きな石の上に立って水に漂ってたけど僕は足の裏が痛くて痛くてちょっと無理、何回か入ってみたけど
すぐ退散、ビーチチェアでゆっくりする。
a0017324_06481868.jpg
もちろんトロピカルドリンクは忘れずに。南国感満載なピナコラーダとマンゴダイキリ。
a0017324_00130777.jpg
何時間ほどいただろうか、午後3時には出発なので早めに船に戻る。お腹も空いたしね。ということでシャワーを浴びて
いつものように9階のサラダバーへ。今日はステーキがあったのでそれも食べてみよう。
a0017324_06481817.jpg
今夜はお休み、ゆかさんを部屋に残し1人でJoe Lovanoのバンドを聴きに行く。ジョーとはむか〜しNYに来て間もない頃、
ピアニストのAllen Farnham(このクルーズで超〜久しぶりの再会を果たした!)のギグで一緒に演奏したことがある。
懐かしい思い出だ。
数曲聴いて部屋に戻る。やはり日に当たりすぎているのかちょっとくたびれモード、早々に就寝。014.gif

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2016-02-05 23:48 | diary