2016年 07月 11日 ( 3 )


2016年 07月 11日

しょぼ〜ん・・・。

a0017324_11445341.png
今日から3日間予定されていたJon Faddis Quartetの新譜レコーディングが延期されちゃったよ〜。
もちろん録音スタジオ(うちから車で10分のお気に入りスタジオ、Systems Two)も決まっていたのに先週金曜の夜、ジョンから
「事情があってレコーディングを延期することになった。大変申し訳ない。」と普段の彼らしからぬシリアスな話し声で
電話してきた。詳しい事情はもちろん知る由も無いがレコード会社との話し合いがうまくいかなかったのかな。002.gif

前作Terangaをリリースしたのが2006年、もちろんそれ以降ジョンはいろいろなアルバムに参加はしているもののこのレギュラー
カルテットで10年もアルバムを出していない。ここ数年、そろそろ新譜を録音したいねぇ、とジョン自身もずっと言ってたから
話が具体的になってきて喜んでいたのに間近で延期はちょっとしょぼ〜んだね。025.gif
まぁでも延期ということなんでレコーディング自体の話はおじゃんになっていないはず、なのでその時を楽しみにしてさてさて
練習でもしますかね。029.gif

おっとその前にゆかさんを起こさなきゃ。010.gif

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2016-07-11 22:36 | diary
2016年 07月 11日

2日連続病院通い

a0017324_13490645.jpg
腰痛に苦しめられて早1ヶ月が経った・・・。002.gif
普段なら腰が痛いといっても2日もすれば自然と治ってしまうのが今回はどうしたことか、未だに痛みが去ってくれない。007.gif007.gif
ここ2回ほどの鍼治療でずいぶんと良くはなったがまだ腰が張っているというか、重いというか、特に朝は痛みがある。
さてさてどうしたものか。きちんと整形外科で診てもらった方がいいかもしれない。
a0017324_13490693.jpg
鍼を受けた翌日は耳鼻科へ定期検診。
インスタグラム(Instagram)にも書いたが聞こえる方の左耳がたまに不調になるのでそれを3ヶ月に一度、定期的に
チェックしてもらっている。ここのところは何事もなく問題なし、次の検診は4ヶ月先の11月。
左耳が聞こえなくなると音楽活動をするという以前の問題で日常生活に大きな支障をきたすので注意が必要、
大いに気をつけないといけない。027.gif


[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2016-07-11 14:09 | diary
2016年 07月 11日

"Montreal Jazz Festival" w/Kenny Barron trio 7.4〜5 '16

a0017324_19515856.jpg
今週の月曜、ラ・ガーディア空港発の早朝便でカナダのモントリオールへ。
随分と久しぶりのモントリオールジャズフェス出演、とても楽しみだ。

カナダへの入国は今までなら別室に通されそこでパスポートもグリーンカードも係官に持って行かれ入念にチェックされ
例外なしに小一時間は確実にかかったのが、システムがドラスティックに変更されたのか、別室に通されることもなく
持参したフェスティバルからの「Invitation Letter」2通にサッと目を通し、あっさりとパスポートに入国スタンプを
押してくれて、ニコッと「Have a great day!」(ちなみにこの係官、とても笑顔の素敵な若い女性でした。)
えーーっ、それで終わり?!2分もかかってないやん?!とは思ったものの、ニコッと笑ってThank you!012.gif
拍子抜けすること甚だしいがカナダへの入国が簡易化されたのは喜ばしい。でも、この物騒な世界情勢の中大丈夫なのかと
他人事ながら心配になってしまう。

お迎えのバンでホテルへ。ホテルは毎回同じのハイアット。どの会場へも徒歩圏内なので超楽チン。
サウンドチェックはお昼2時、本番は夕方6時から1時間半ほど。
今日と明日の2日間ケニーバロントリオのコンサートだが、今日はトリオにゲストアーティストとして今まで数回共演経験のある
Elena Pinderhughes(fl,vo)がジョインすることに。
今回、エレナはフルートはもちろん歌も唄うことに。彼女が歌うのはスタンダードとかじゃなくケニーのオリジナル曲。
実はケニーは知り合いの誰か(作詞家???)に頼んで自分のオリジナル曲に歌詞をつけてもらっている。
僕も参加した「Traveler」というアルバムにはそのうちの数曲が収められている。

サウンドチェックの時にざっとおさらい。曲はもちろんよく知ったものばかりだけど、彼女用のキーになっているからサウンドが
全く別物、違和感が半端ない。例えば長年演奏している"Cook's Bay"という曲はオリジナルはCだけど彼女のキーはBb、
イントロが出た瞬間笑っちゃった。あまりに曲の持つ雰囲気が違いすぎて体がよじれるよ〜005.gif

サウンドチェックが終わってホテルへ戻る。プラプラ歩いて3分ほどの距離。1時間ほど部屋でゆっくりして5時半頃会場へ戻る。
a0017324_19515976.jpg
ではここでこの2日間のセットアップをご紹介。
マイクは普段ならノイマンとDPAのダブルなんだけどジョナサンとライブする時はノイマンがドラムを拾いすぎるのでDPAだけ
使用。ドラムのかぶりを極力避ける為、ベーシストたちがみんな使っているDPAのマイクよりもひとまわり小さなマイクを僕は
持っていてそれをFホールに入れている。
これは今年の4月にギグをしたSFジャズのエンジニア(由良政典さんという日本人の方、彼は素晴らしい!)に教えてもらった
方法でその時以降どの会場でもこのやり方040.gifこのDPAの音をモニターに返してもらうんだけどこれが実に優秀なマイクで
米粒大ほどの大きさなのに高音から低音まできちんと拾ってくれる優れものだ。049.gif049.gif049.gif

コンサートは両日ともに夕方6時に始まり8時前には終了、僕は演奏後は腰が痛いのでそのままホテルへご帰還。007.gif
a0017324_19515934.jpg
ジャズフェスティバルとはいうものの相変わらずどこからもジャズサウンドは聴こえてこず、ジェームスブラウンのコピーバンドの
ようなバンドが大喝采を受けて大盛り上がり、まぁ夏だしそれでいいんだろうね、でもでも、なんだかなぁ・・・。002.gif002.gif002.gif
a0017324_19515990.jpg
使用したベースについていた謎の「JAZZ 5」のラベル。一応「これ、取っていい?」って聞いたけどなにこれ???015.gif
a0017324_19515937.jpg

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2016-07-11 10:03 | diary