<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 30日

Ron Carter

先日、台湾からメールが届いた。
ジャズベースを勉強中という男性からで、
「"Ancestry"を聴いたけどとてもよかった。」とのお褒めの言葉をいただいた。
どうやら台湾でもこのアルバムが手に入るらしく、ちょっとビックリ。
その人曰く「あなたのベースプレイはRon Carterの
影響をとても強く受けていると思った。」
ピンポ〜〜ン!大当たりです。
特にNYに来てからはいろいろな意味で影響されまくりです。

ということで本日の「スイングしまくる1曲」はこれ。
a0017324_1444584.jpgHerbie Hancock/Speak Like A Child
Herbie Hancock(p) Ron Carter(b) Mickey Roker(ds)

このアルバム、どの曲も素晴らしいけれど、
でもあえて「スイングしまくる」ということに
こだわって1曲選ぶとすれば、「First Trip」になるでしょうか。
いやはや、このテイクのRonのウォーキングラインのすごさは
どうしたもんでしょ。
Ron独特のもちもちとした音で、ちょっと突っ込んでるような、
でもどんと沈んでて、みたいなリズム(ビート)を打ち出し、
もうHerbieにしたら「こりゃたまらんわい。」と
気分は桃源郷、湧き出るソロのアイデアは変幻自在、
やっぱりRonとHerbieの
ケミストリーは唯一無比なのかも知れない。

話はいきなり変わって「春」の話題。
・・・、ホント、暖かくていい天気だよねぇ〜・・・。
はぁ〜〜あ、・・・、・・・、・・・、・・・、
ぐぅ〜〜、・・・。
[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2006-03-30 15:18 | diary
2006年 03月 27日

3/26 '06

楽しいことはアッという間に過ぎ去り、それが終わった後はなんともいえない
淋しさが残り、でも、またその淋しさが充実した日々の証しでもあるような気がする。
そんな楽しいVanguardでのライヴも今日が最終日。
トリオのサウンドは・・・、ちょっと素晴らしいかも・・・。

そういや、今週は毎晩、出かける前にAliciaの”Unbreakable”を観たな。
なぜか気分が浮き立って来る。
Alicia、超カッコいい!
[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2006-03-27 08:41 | diary
2006年 03月 25日

Unbreakable

こんなの、見つけた。
CBS-TVの有名トークショー「The Late Show With David Letterman」で
Alicia Keysが"Unbreakable"を唄ってる映像。→clickしてちょ。
随分前に旅先のホテルでたまたまMTVをつけたらこの"Unbreakable"の
ビデオクリップが流れてそのカッコ良さにノックアウト(これって死語っぽいなぁ?)。
この曲、妙に懐かしいサウンドがしてるけど、なぜに?
[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2006-03-25 02:34 | diary
2006年 03月 23日

GJT

a0017324_6593933.jpgThe Great Jazz Trio/Live At The Village Vanguard, Vol.1
Hank Jones(p) Ron Carter(b) Tony Williams(ds)

Tonyがらみでもう1曲、スイングしまくって、
もうどうにも止まらない、っていう曲をご紹介。
このアルバムの1曲目、Parkerの「Moose The Mooche」がそれ。
Hankの粒立ちの揃った音で見事に唄っているソロも素晴らしいんだけど、すみません、もう耳はRonとTonyの推進力みなぎるドライヴ感、
スイング感に釘付け。
「息もピッタリ」とはこういうことを言うんでしょう。是非御一聴を。

昨日21日からKenny Barron3でのVanguard6日間が始まった。
1セット目はSold Out、2セット目もほぼ満席。
Kenny先生人気、さすがです。
ドラマーに新しいFranciscoが入ったことによって
トリオの古いレパートリーにも違った色合いが生まれている。
この6日間で音楽がどう変化していくのか楽しみです。
[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2006-03-23 07:05 | diary
2006年 03月 17日

Kenny Dorham

a0017324_3295223.jpgKenny Dorham/Una Mas(One More Time)
Kenny Dorham(tp) Joe Henderson(ts) Herbie Hancock(p)
Butch Warren(b) Anthony Williams(ds)

近頃このアルバムの2曲目「Straight Ahead」のスイング感に
しびれまくっている。
ButchとTony、2人の刻む4分音符の推進力は一体なに?
このテンポは前へ突っ込んでいこうとすると確実に「走る」、
ある意味微妙なテンポ。
なのにこの2人、テンポは見事にキープしながらなおかつ
前へ前へとプッシュしている。
特にTonyのシンコペーション使いまくりドラムの見事さ。
シンバルレガートとスネアやタムタムとのコンビネーションが
もう天才的です。

そしてこのリズムにのっかってKDのラッパがボソボソと語っていくのがなんともたまりません。
ところでこのアルバムを初めて聴いた頃、1曲目、3曲目で聴かれるButchの
”たまに1拍目弾くけどほとんど4拍目しか弾かない超スタッカートラテンベース”に
「えー、こんなん、ありー?!」って思ってました。

ついでにジョーヘンのリーダーでKDが吹いてる名盤も。
a0017324_6292172.jpgJoe Henderson/Page One
Joe Henderson(ts) Kenny Dorham(tp) McCoy Tyner(p) Butch Warren(b)
Pete La Roca(ds)

このアルバムにはKDの「Blue Bossa」とジョーヘンの「Recorda Me」の
2曲のラテン風ボサ(?)収められてますがButchがまたまたやってくれてます。
でも、”スタッカートしまくりラテンベース”なんだけどこの2曲では
一応1拍目もちゃんと弾いてます。
それでもやはり音が超スタッカートなので隙間だらけ。
これがまたイカしているんだから不思議なもんです。
[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2006-03-17 06:53 | diary
2006年 03月 14日

My right hand with some accessories

a0017324_6162653.jpg

少し前、友人のきみ駒ちゃんから
「イスタンブルで買ったリングを撮ってアップして下さい。」
とのリクエストがありましたが、ちょっと素直に言うことを聞いてみました。
それにしても手首一帯がホント、派手派手ですね。
ミサンガは、上から大阪、ブラジル、トルコ、ドイツで購入。
大阪で買ったのは正しくはミサンガではなく、取り外しが出来る革製のもの。
演奏するときにはこの革製ブレスレット(?)はつけていません。
今回、ロンドンとパリでも買おうかと思いましたが、これ以上つけて
パンク野郎にでもなるのか、と思われたりするのも困ったことなので止めました。
左手には演奏上不都合があるのでなにもつけません。
時計も演奏前に必ず外します。
リングはもっといろいろな種類のものが欲しいので現在も物色中。
あとピアスを右耳にもしようか検討中です。
今は左耳に2カ所空いています。(3カ所空いていた時期も少しありました)
なんだかとても真剣にパンク野郎を目指してる感じがでてますね。
でも、鼻ピアスとかまぶたピアスに向かってないんでまだ安心です。

ベースが帰ってきました。
6カ所のヒビ割れなどをきれいに直してもらい
私、ご機嫌です。

今日のNYは春でした。
窓を全開にして車をぶっ飛ばすこの開放感、
イェー、ベイビー、ですね。
ブルックリンブリッジから見える「自由の女神」周辺の海が
キラキラと輝き、もう脇見運転しまくりでした。

今、夕方5時。
朝の3時過ぎから起きているのでもうバッタンキュー状態。
身体はまだヨーロッパ時間です、明らかに。
・・・、ねむい・・・。
[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2006-03-14 06:57 | diary
2006年 03月 13日

"Big Ben" and River Thames

a0017324_8181350.jpg


昨日土曜の夕方、パリから戻ってきた。
前回と違い今回はほとんど自由時間がなかったので
写真はほとんど撮らず、残念。
それにしても2週間で大西洋2往復はなかなか辛いものがあったかも。
それもその間休みはNYに戻ったときの2日間だけ。
(このときも税金のことなどの用事があり休みになってないけど)
まぁ、ロンドンでもパリでもいい時間を過ごせたからいいけどさぁ。

さて今週はお休み。でもって来週はKennyのトリオでVanguard。
楽しみだなぁ〜〜、あはははー。
[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2006-03-13 08:48 | diary
2006年 03月 08日

3/8 '06

a0017324_23505383.jpg

さてベースの話。
ロンドンから帰ってきた翌日、2日前ですね、修理屋さんへ
持って行き見てもらったところ、4カ所のヒビ以外に
向かって左の臀部付近の裏板が15センチほどはがれているのを発見。
冬はどうしても空気が乾燥するし、それがやはりよろしくないんですね。
3日もあれば直るということなんで、ついでに楽器全体のチェックもお願いした。
それにしても不思議なのは、今まで乾燥でヒビが入ったりしたことはなかったのに、
なぜにこの冬だけ???
部屋が乾燥している時はちゃんと加湿器を使わないとね。
[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2006-03-08 23:41 | diary