<   2015年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2015年 06月 29日

久しぶりにヨーロッパへ。

a0017324_21345920.jpg
今週木曜日7月2日からのケニー・バロントリオのヨーロッパツアーのため明日パリに飛ぶ。

日程は以下の通り。
2(thu)- 3(fri) "Duc des Lombards" Paris, France
4(sat)- 6(mon) "Jazzhus Montmartre" Copenhagen, Denmark
8(wed) "Nice Jazz Festival" Nice, France
10(fri) "Jazz a Beaupre" St. Cannat, France

今回お初はパリのクラブとニースのジャズフェス。
コペンハーゲンのクラブとサン・カナ(?)のジャズフェスでは今まで何度も演奏したことがある。
コペンハーゲンではいつものように3日間の滞在なのでまた毎日街歩きができるのが超〜楽しみだ。
a0017324_21345944.jpg
ところでケニーは先週25日から日本にいて、今東京BNに出演中。
それが火曜日に終わり翌水曜日に成田からパリに飛んで僕とジョナサン・ブレイクと合流。
考えたらケニーは世界一周の旅に出かけていることになるわけだ。いやはやご苦労さん。

写真は2枚とも昨年コペンハーゲンで撮ったもの。
フォトジェニックな素敵な街です。

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2015-06-29 21:57 | diary
2015年 06月 25日

Steve’s Authentic Key Lime Pies

a0017324_21510266.jpg
先週水曜、ゆかさんが知り合いから教えてもらったというSteve’s Authentic Key Lime Piesへ二人で行ってきた。
ここの売りの一つがSwingleと呼ばれる、アイスキャンディーのように棒がささったキーライムパイ。
a0017324_21510273.jpg
食べかけで汚くて申し訳ないがこの写真のようにパイ(というかタルト)にチョコレートがカバーされている。
キーライムパイ独特の少し酸っぱく軽やかな甘さとセミスィートチョコレートの甘さがマッチしてホントに美味!

a0017324_21510268.jpg
お店はブルックリンのRed Hookと呼ばれる地域にあり、すぐそばはご覧のようなウォーターフロント。
そこには小さな公園がありそこからは自由の女神も眺望できるナイスなロケーション。
まぁただ、いかつい東洋人のおじさんがベンチに腰掛けスイーツを食べてる姿は
この素敵な場所といささか不釣り合いな気もしないではないが・・・。

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2015-06-25 20:38
2015年 06月 22日

Winnipeg International Jazz Festival

a0017324_20143757.jpg
先週木曜、お昼1時過ぎのラガーディア空港発の飛行機でカナダのウィニペグへ。
まずはNYからカナダのトロントへ飛び、そこでイミグレーションを通りウィニペグへという段取りだったが
やはり、というか案の定、というべきか、カナダのイミグレーションの厳しさは相変わらずで、
こちらは入国に関してのいろいろな書類のコピーをすべて用意しているにも関わらず、必ずといっていいほど別室へ通される。
そこでまた書類の審査がありすべて終わって外へ出るまでにゆうに30分はかかった。
そしてそれからまた荷物検査の長〜〜〜い列に並んで(その時点でウィニペグ行きのフライトは搭乗開始してる)
やっと抜けたと思ったらそこから搭乗ゲートまでがとんでもなく遠かった、いや遠いだけじゃなく
途中滑走路の下をくぐったりもしたのでエスカレーターを何回上り下りしたことか、はぁはぁぜぃぜぃ。
がしかし努力の甲斐も虚しくゲートに着く寸前にクローズ。
カナダでのギグのときにもし乗り換え便があるなら少なくとも3時間の余裕がないとミスします、はい・・・。

次のウィニペグ行きの便は1時間後、でも空席は一つだけ。
その次は5時間後の夜10時過ぎ。でもフェスティバル関係者の空港へのお迎えのことを考えれば
二人一緒に行動するのがいいということで最終便に乗ることに。
ホント、こういうところがケニーのいいところだね。自分のことは二の次で常に相手のことを考えて行動する。

a0017324_20143785.jpg
さて5時間なにしましょ、ということになりとりあえずケニーはすぐそばにあるレストランでご飯、僕はお腹が空いて
いなかったのでゲート前の椅子に座りネット徘徊。(空港にはフリーのWifiがあった。素晴らしい!)
しばらくしてネット徘徊にも飽きたのでワインでも飲みにレストランへ。
そこでワイン飲みながらなんじゃかんじゃ2時間(!)ほど一人で時間を潰してゲートへ戻ると
ケニーが椅子でコックリこっくりしてた。

もうそろそろ搭乗時間のはずだが肝心の飛行機はいずこへ?
そう、この便も軽くディレイ・・・。
はぁ・・・、もう好きなようにしてくれ〜、状態です。

a0017324_20142399.jpg
結局ウィニペグのホテルにチェックインしたのは夜中1時過ぎだった。(NY時間では2時。つまりここへたどり着くのに12時間以上かかったことになりますね・・・)
それにしてもケニーはお見事、愚痴、文句の一言も言わずただ淡々としていた。
いつものことながらさすがです・・・!

その日寝たのは3時過ぎ。翌朝起きたのはいつものように6時頃。
ベッドでネットサーフしながら(高級ホテルって絶対Wifiにチャージするよね!?)ごろごろ、
朝ごはんはどこへ行こうかとYelpで検索。
ホテルの下が地下街になっているらしくそこにナイスな朝ごはんスポットがあるみたいなのでレッツラゴー^^;;
トーストと目玉焼きとソーセージとジャガイモ、それにコーヒーを。
a0017324_20143727.jpg
Yelpではなかなか高評価だったけど、うーん、びっくりするくらい普通、ただ残念なことにお値段がちょいと張りました。

部屋に戻ってTV見たりネットサーフィンしたりだらだらと時間を潰す。
お昼過ぎに散歩がてら水を買いに外へ。

2時過ぎサウンドチェックのためホールへ向かう。
さてここで一波乱。
借りるはずだったベースがなにかの手違いで行く先不明になり急遽別の楽器が来ることに。
それを待つのに20分、ようやく届けられたベースは僕が今まで弾いたどのベースよりもはるかに重い!
いや、ホント重い。それにあまり鳴らないし。まぁ、でもこれを弾くしかないんだけれど。
持ってきてくれた人によればその楽器は元はロン・カーターが保有していたものとのこと、
おや、そうですか、ロン先生のものだったんですか、やっぱりロンが弾くと鳴るのかなぁ・・・。
a0017324_20143719.jpg
ウォームアップしているとなにやらバズ聴こえる。
楽器を調べてみるとなんとE弦側の下方部、表板が3、40センチほど薄っすら開いているのがわかった。
開放D弦を弾くと盛大にビビり音がする。これはちょっと使用不可ということになり
さてどうしましょうとその持ってきてもらった人と相談、ちょっと待ってと彼は誰かに連絡を取り始めた。
そしてラッキーなことに、もともと借りるはずだったベースの持ち主と連絡が取れ今すぐこちらに向かうとのこと。
また15分ほど待機。
やってきた楽器は普通に弾きやすく、普通にちゃんと鳴る^^; ホッと一安心。
ようやくサウンドチェックを開始、いつものように10分ほどで終了。
ホテルに戻りしばし休憩。

夕方6時にホールへ戻りフェスティバル関係者たちとのレセプションパーティー。
軽くワインを飲みながらいろいろな人たちにこんにちは。
1時間ほど談笑してから夕食をいただくためにグリーンルームへ。

7時半、オープナーのオーティス・ブラウン(ds)のバンドが演奏開始。
40分ほどの演奏の後、ドラムを入れ替え(ベースは同じものを使用)トリオの出番。
演奏時間は90分ほど、終了後はあっさりと車に乗り込みホテルへ。

翌朝は8時に空港へ。ドラムのジョナサンはNJのニューアーク空港に飛ぶので別便。
無事イミグレーションも通過し出国(カナダでは空港内にUSAのイミグレーションがある)
さて本日のフライトは遅れることなく飛んでくれるのか。
1本目のミネアポリス行きは定刻出発、定刻着、それになぜかアップグレードされてファーストクラス。
でも1時間弱ほどのフライトだからあまりその恩恵にあずかることはなかったな。
2本目のNYラガーディア行きは到着便が少し遅くなったのでそれに合わせて出発も10分ほどディレイ。
でもNY着は定刻の夕方5時前、よかったよかった。
ゆかさんに迎えに来てもらい無事帰宅。

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2015-06-22 21:16 | diary
2015年 06月 18日

うちのゆか奥さん^^

a0017324_07313331.jpg
先日、ゆかさんが髪の毛をバッサリと切り、まさに夏仕様なショートヘアに変身した。
切ったのはブルックリンのウィリアムズバーグ地区にある日本人経営の超人気ヘアサロンでここは初めてとのこと。
ヘアカットに関してなんの知識もない僕でも一目見ただけで上手なカットとわかるほどだからそりゃ予約も取りにくいだろう。
「ショートにしようかな。」と言いだしたのは少し前、僕は「いいねぇ、絶対に似合うよ〜。」と大プッシュしてた。
もちろん軽くボーイッシュな感じはするが、顔が前に出てきて逆にフェミニンな雰囲気がするのでとてもいいと思う。
もともとジーンズがとてもよく似合う人だけど、ショートヘアにはミニスカートなんかもめちゃ素敵だ。
今度暇を見つけてショッピングへレッツラゴー(ザ・昭和言葉^^;)!!!
a0017324_07511696.jpg

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2015-06-18 07:55 | diary
2015年 06月 16日

エレキベースを弾くきよし

a0017324_04402860.jpg
数週間前から超〜久しぶりにエレキベースを弾き始めた。
こんなに毎日弾くのなんて高校生の時以来じゃないかと思う。
ゆかさんがフェンダージャズベースとプレシジョンの2本持っていて、大抵ジャズベースの方が空いているので
それを貸してもらい、昼でも夜でも気が向いたらずっと弾いている。
これがなかなかに楽しい。ホント、楽しい。普段やらないことをするのはいくつになってもいいものだ。
ただエレキベースを使ってなにか違う音楽をするのかと問われるとちょっと困ってしまうが・・・。
でも、おもしろいことにエレキを弾いた後でアップライトを弾くと、今まで思いつかなかったアイデアがポンと出てきたりする。
”怪我の功名”とでもいうんだろうか、思わぬ副産物に驚いたりもしている。
このまま当分は「エレキな毎日」を過ごしそうだな^^

a0017324_04402818.jpg


[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2015-06-16 05:55 | diary
2015年 06月 10日

ケニーの誕生日ディナー

a0017324_22472058.jpg
昨日6月9日はケニーバロンの誕生日。
ケニーの家で家族と近しい友人たちだけの誕生日パーティーがあり、ゆかさんと二人で行ってきた。
ケニーの家はうちから車で10分足らずのところにあり、BBQやクリスマスやサンクスギビングなどなど
パーティーがあればしょっちゅうお邪魔している。
昨日集まったのは全部で10人ほど、もちろんみんな知った顔ばかり。
ディナーが始まるまで各自好きなドリンクを飲みながら談笑、リラックスしたいい時間が流れる。
a0017324_20353216.jpg
ディナーはラムのグリル、サーモンのグリル、お豆さんを炊いたの、芽キャベツを煮たの、
クスクスサラダ、それにイチゴのバースデーケーキ。
もちろん全て手作りで、バロン夫妻の友人が料理したもの。どれもこれも本当に美味しかった〜。
残った料理はお持ち帰り用に各自ジプロックに入れる^^
食後はポートワインやシャンパンなどをいただきながらまたワイワイ、ガヤガヤ。
そして10時半頃お開き。
今回もまたいつものように心温まる、とても楽しいパーティーだった。
Happy Birthday, Kenny!!
a0017324_21094452.jpg

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2015-06-10 22:52 | diary
2015年 06月 10日

マスタリング、終わった

a0017324_06582386.jpg
昨日、Walkin' Aheadの録音のマスタリングが終わった。
今回お世話になったのは、NY在住年数が僕とほぼ同じの売れっ子エンジニア、内藤克彦氏。
彼の仕事場はNYの有名レコーディングスタジオAvatarの中の一部屋。
先々週音源を持って訪ね久しぶりの再会、最近どう?から始まってなんやかんやと四方山話が尽きず。
結局その日は音源を聴いてどんな感じに仕上げようかと話だけして帰宅。
後日彼が仕上げてくれたものを送ってもらい、それを聴いて新たに気づいたことを昨日話して最終の仕上げへ。
仕上がった音源は外付けハードディスクにいれてもらい一件落着。
かっちゃん、ありがとう〜!

CD出来上がりまでにはまだカバーデザインが残っているのでもう少し時間はかかりそうだが
秋か冬あたりまでには完成させたいものだ。

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2015-06-10 07:07 | diary
2015年 06月 08日

結婚披露パーティー記念日


a0017324_20172280.jpg
昨日7日は「結婚披露パーティー」1周年アニバーサリー。
早いものであれからもう1年、相変わらず仲良く楽しく日々を送っています。
今更ながらに思うことは、ゆかさんのような素晴らしい女性と一緒になれた僕は本当に果報者だということ。
これからもお互い頼り頼られ手を取り合って人生を楽しく過ごしていければと願っています。
ありがとう、ゆか!
a0017324_20415524.jpg
追記:記念日ディナーは二人のお気に入りBBQレストランDinosaur Bar-B-Queからのテイクアウト。
リブにブリスケットにウイング、それにマッシュドポテトにBBQフライドライス、あとブランチギグでもらってきたサラダ。
そしてこれまた二人のお気に入りビール、ブルームーンで流し込むBBQの美味さは悶絶もの、あ〜幸せだぁ〜!
a0017324_22294319.jpg
a0017324_22294323.jpg

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2015-06-08 20:44 | diary
2015年 06月 07日

Kenny Barron Trio写真撮影

a0017324_19295768.jpg
録音の翌日はCDカバー&プロモーション用写真&ビデオ撮影。
マンハッタンはあいにくの天気、雨は止んでくれて助かったがどんより曇り空。

服装のリクエストは「黒スーツにオレンジのネクタイ。シャツは各自の好みで」。
黒のスーツはもちろん持っているけれどイマイチパッとしない仕事着感満載なもの、
それにオレンジのタイなんて持ってないし。なので今週初めに両方とも購入。
スーツはBossのいいものがあって即大人買い。オレンジタイもそこには2種類しかなかったので迷う必要もなく選べた。

撮影場所は先日ゆかさんと訪れた「遊歩道風公園」High Lineの終点(出発点?)あたり。
ケニーのマネージャー女史、プロデューサー、カメラマンたちがここがいい、あそこがいい、とそれぞれアイデアを
出し合いながら撮影ポイントを決めて、僕たちは言われた通りに3人仲良く並んで撮影は和気あいあいと進んでいった。
朝10時集合してお昼の1時過ぎ終了。
写真はほとんど見せてもらってないのでどんな感じのものに仕上がってくるのかとてもとても楽しみ。

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2015-06-07 19:52 | diary
2015年 06月 06日

ケニー・バロントリオレコーディング

a0017324_17375905.jpg
ケニー・バロントリオのレコーディングは滞りなく無事終了。4日と5日、2日間で20曲録音した。
スタジオはミッドタウンにあるAvatar、僕がNYに来たころはPower Stationと呼ばれていた。

a0017324_17380630.jpg
1日目、朝10時半ころスタジオ入り。ジョナサンはすでに来ていてドラムをセットアップ中。
ケニーは11時ころ到着、コーヒーを飲みながら談笑。
11時半ころ、そろそろやりましょうかと各ブースへ。
各楽器のサウンドチェックはすでに終わっていて、早速録音開始。
1曲目はケニーの古いオリジナルのボサタイプの曲。テイク2でOK。
2曲目は・・・・・、なにやったっけ???全然覚えてないねぇ・・・。
でもほぼ全曲、テイク1か2で次の曲へと移っていった。
休憩を取った2時半あたりの時点で6曲録り終えていた。
4時ころ遅いランチタイム。
5時半、ケニーから「これで今日は終わり」の声が。その時点で11曲も録れていたのでまぁ、十分でしょ。

2日目、11時前に到着。ジョナサンはすでにウォームアップ中。
前日同様、11時半には録音開始、そして前日同様サクサクと録り進めていき4時半の時点で9曲録り終え
トータル20曲、なんとなくもういいんじゃないの、という空気が流れ、録音終了。
実は、リハでは一応録音する曲リストみたいなものがあったけれど、実際録音がスタートすると、1曲録り終える度に
「次、なにしようかな???」という話になり、トリオのレパートリーの中から、あの曲はどう?この曲は?と
曲選びも即興になっていき(特に2日目は最初からそうだった)、このあたりにもレギュラートリオならではの
余裕が感じられとてもリラックスしていいセッションだったな。

録音終了後はプロモーションビデオ用にもう1曲だけ録音、そして各々の写真撮影。
ケニーのビデオインタビューがあり、片付けて帰ろうかなと思っていたら
僕とジョナサンもビデオインタビューをするはめに。
もうね、英語がからっきしダメなのでインタビューはホント嫌なんですけど。
日本語だって喋るの得意じゃないのに、はぁ・・・。

アルバム2枚分にもなる20曲もの曲を録音したけれども、もちろんCDになるのはそのうちの10曲ほど。
どの曲がチョイスされるのかとても楽しみだ。
どの曲を選んでもケニーのピアノの魅力満載、そしてレギュラートリオならではの阿吽の呼吸が感じられる
素敵なアルバムになることは間違いない。ベースもホント、いい音してるよ〜。
リリースは来年3月、レーベルはImpulse!です。乞うご期待!
a0017324_17380627.jpg

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2015-06-06 18:35 | diary