K's Weblog

kitagawa.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 14日

タイフェスティバル

a0017324_18121080.jpg
日曜日はよくユニオンスクエアパーク近くのレストランで「小遣い稼ぎ」ブランチギグをやっているが、
昨日も朝11時頃にチェッキーズをかついで駅に到着、表に出るとなんだかすごい人だかりといい匂い。
とりあえず楽器を店に置いて様子を見に。美味しそうなタイフードの出店がたくさん、どうやらタイフェスティバルのようだ。
ステージも組まれていてそのときはまだなにもやっていなかったがタイの音楽や踊りを披露するんだろう、
民族衣装に身を包んだお嬢さんたちがたくさんいた。

朝ごはんは食べてきたけれどこの匂いの誘惑には勝てず、タイ風チキンウィングをいただく。
a0017324_18121443.jpg
ギグが始まるまであと5分、熱々のウイングを大急ぎでほうばる。
揚げたてのウイングに甘くて辛いソースがかけられていて超〜美味!

休憩中にもまた来て、今度はキックボクシングのデモンストレーションをやっていたので少し鑑賞。
レフェリーもいないし、顔にパンチを入れるわけでもなく、ただ軽いキックの応酬を披露するだけだが
目の前で見るとやはりなかなかの迫力だ。
a0017324_18121945.jpg
帰りはゆかさんが車でお迎え。彼女もハーレムでブランチギグがあったのでその帰りに寄ってくれた。
車にベース2台積んで帰宅。

夜7時ころの夕焼け。陽が落ちるのがホント早くなった。
a0017324_18120676.jpg

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2015-09-14 19:48 | diary
2015年 09月 08日

キャンプ初体験 in Catskills, NY (3) 最終回

a0017324_21054960.jpg
さて早くもキャンプ最終日、シティに戻る日だ。
朝は6時前に起床。前日腰が少し痛かったので痛み止めのインドメタシンを飲んで寝たら、
クマが訪問してくれていたとしてもまったく気付かないほどにグッスリ眠れて実にいい目覚めだ。
おかげで腰の痛みもどこかへ飛んで行ったようだ。
a0017324_21054402.jpg
今朝は僕が火を起こしてみる。炭に火をつけその上に薪を組み徐々に、本当にゆっくりと火が薪に移っていく。
今回、焚き火に確実にはまってしまったようだ。焚き火だけをしにキャンプにまた来てもいいと思っている。起きている間中ずっと
焚き火観察してても絶対に飽きない。薪の組み方や空気のいれ方で燃え方が次々に変化していく。いや〜、めちゃくちゃ楽しい。

ゆかさんは6時半とか7時頃にすっきりと起床。
朝ごはんはトウモロコシがまだ2本余っているのでそれを焼くことに。
シャキシャキとしていて上品な甘さがあり噛むごとにジュースがほとばしり出る。超〜美味!
あとはこれまた余っているソーセージを焼いてホットドッグ、もちろん言うことなしに美味しい!
a0017324_21055705.jpg
食事のあとはゆかさん指示のもと撤収作業。ゴミの分別などもきっちりとしないとね。キャンプ場のルールとして
帰るときに入り口付近にゴミ捨て場があるのでそこで燃えるゴミ、燃えないゴミ、ガラス瓶等々分けて捨てることになっている。

チェックアウトは11時、きれいに後片付けをし帰路へ。
すぐ近くに滝があるとのことなので帰り道だし寄ってみることに。
a0017324_21060300.jpg
a0017324_21053754.jpg
残念ながらそこには水がちょろちょろと流れ落ちる小さな滝があるだけでした^^;

NYへの道のりもスムーズなものだったが、当然シティに近づくにつれ交通量も増え、特に125丁目あたりのFDRで事故の影響で
短い区間だったが大渋滞していてそれを抜けるのに結構時間がかかった。
まさに"Welcome Back!"って言われた感じだね^^;

とても楽しく、有意義なキャンプ初体験だった。火と戯れに近々またキャンプしたいと思う。
「火遊び」、超〜楽しい〜!

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2015-09-08 21:55 | diary
2015年 09月 08日

キャンプ初体験 in Catskills, NY (2)

a0017324_05295751.jpg
2日目の朝は6時過ぎに起床。
テントの外に出るとひんやりとした空気が気持ち良い。
初寝袋睡眠はテントの中がそれほど寒くなかったので寝袋を掛け布団のように使って寝た。寒くて震えながら寝るんだろうという
予想は見事に外れ。下に敷いた空気マット(?)もなかなか快適だった。でも少し幅が狭いので寝返りを打つたびにマットから
出てその度に起きたような・・・。

ここのキャンプ場はトイレもシャワーも付いている。キャンプ初体験なのでそれが普通なのかそれともそういった設備が
付いていないのが普通なのかはわからないけれど。
とりあえずトイレで用を足して出て上を見上げるとお月さんがまだきれいに見える。
a0017324_05295206.jpg
火の起こし方は昨日ゆかさんの後ろで見ていたので大体わかるが、とりあえず本でも読みながら
「担当者」が起きて来るのを待つことにする。

しばらくしてゆかさんも起床。早速火起こしにかかる。もうすっかり手慣れたものだ。
お湯を沸かしお茶を飲みながら朝はなにを食べましょうか、と相談の結果、焼きおにぎりに決定。
さすがゆかさん、ちゃんとお醤油も小さなディスペンサーに入れて持ってきてるんだね、えらい!
a0017324_05300324.jpg
あまり焦げ目とかついてないけどちゃんと焼きおにぎりになっていてめちゃ美味しい!
暖かいお茶を飲みながらホッコリ^^
その後トウモロコシも焼いて食べたが水々しくて甘くてこれまためちゃ美味しい!ちなみにこのトウモロコシは毎週土曜の朝
通っているファーマーズマーケットで買い求めたもの。素晴らしく新鮮だ。
a0017324_05303247.jpg
しばらくくつろいでお昼ごろ本日のメインイベント、ハイキングに出発。
いろいろなコースがあるけれど難易度の低いものを選択。写真のサインのところから森の中に入っていくわけだが
これが予想外の難コース。平坦な普通の道を想像していたが下の写真のように岩だらけの上り坂を登っていく。
a0017324_06305897.jpg
a0017324_05304260.jpg
a0017324_06305037.jpg
それにずっと薄暗いのでいかにもクマやなにかに遭遇する雰囲気満載の中をふぅ〜ふぅ〜言いながら登っていく。
途中大きな木が何本も根こそぎ倒れていてその根っこのところを通って行ったり、
a0017324_05305950.jpg
ちょろちょろ流れる川を渡ったりして進んで行く。
a0017324_05305276.jpg
a0017324_07032964.jpg
それにしても大中小様々な形の岩がごろごろしていて普通に歩くのも一苦労だ。
しばらくは楽しく冗談を飛ばしながら歩いていたがいい加減岩道に歩くのに疲れたのか、ハイキング言い出しっぺの
ゆかさんが「もう無理。来た道を戻って帰ろうよ。」と言いだした。
確かにこのままあとまだ数時間ある行程を歩くのは無理すぎるよねぇ、と満場一致で退却決定。
でもこんな大きな岩の間を降りて戻っていくのも大変だけどね。
a0017324_05310787.jpg
なんとか来た道を戻り無事サイトに戻る。
ゆかさん、「こんな岩がごろごろしてる山道って書いてなかったもん。」と不満たらたら。はい、おっしゃる通りです^^;

少し休憩して気分を変えて近所にある湖へ。
a0017324_05311215.jpg
a0017324_07032270.jpg
a0017324_06382983.jpg
実に心穏やかになる景色だ。都会の喧騒に疲れた頭と身体にはパーフェクトな場所かもしれない。

サイトに戻り早めの晩御飯。今日はチキンウイングを焼くことに。これまたビールとワインで流し込み、はぁ、美味しい。
いい写真がなくて残念・・・。

汗を随分かいたのでシャワーを浴びてみることに。ちゃんとお湯がほとばしり出るシャワーで気分爽快。
その後昨日同様、火を囲んで楽しく二人飲み会。それに黙って火を見つめるのもホント楽しい。

たくさん歩いたので今晩も9時半頃には就寝。

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2015-09-08 06:57 | diary
2015年 09月 07日

キャンプ初体験 in Catskills, NY (1)

a0017324_20061786.jpg
1日火曜日から2泊3日でキャンプに行ってきた。場所はNYから車で2時間ほどのところにあるCatskills。
この日のためにゆかさんは数ヶ月も前から少しずつテントや寝袋等々ネットで購入し続けていた。
基本的に彼女は自然派、アウトドア派なのでNYのようなすべてがアップタイトな都会で毎日忙しくしていると
ストレスメーターが振り切り状態になり、それを解放するために人里離れた広くて緑豊かな場所に行くことが必要となる。
特にこの7月8月の彼女のスケジュールは詰め込みすぎ感満載だった。1日平均2〜3本のリハやギグってどんだけ売れっ子やねん!
a0017324_20051984.jpg
ということで、車に様々な食材と飲み物を積み込み朝11時頃出発、ハイウェイを北へ走る。
さほど混んでいる箇所もなく1時過ぎに予定通りキャンプ地周辺へ。そのあたりでまだ買ってなかったバーベキュー用の
炭と薪をゲット、いざキャンプサイトへ。
まずは入り口でチェックイン。このあたりはクマの生息地なのでいろいろな注意事項が書かれた紙をもらい、
前もってネットで予約していたサイト13番へ向かう。

さてまずやることといえばテントの設営。ゆかさんの指示に従い簡単に組み立て完了。ちなみに僕は全くのインドア派なので
今回のキャンプに関してのすべてのこと、つまりキャンプ地を探すところからキャンプ用品を揃えたりすることまで
すべてゆかさん一人でやりました、すご〜い、えら〜い!さっすが〜!

それぞれのサイトには椅子付きテーブルと石で組まれた簡易のバーベキュー台(?)が備えられている。
そのバーベキュー台に炭を入れ火を起こすことに。もちろんこれもゆかさん担当、というか僕が担当できることは
何一つないんですけどね・・・。強いて言えば写真とビデオ撮影担当、でもそれにしたってゆかさんもやってるし、
まぁ、邪魔しないようにかたわらでおとなしく本を読んだりビールを飲んだりしましょう。
a0017324_20152955.jpg
a0017324_20051380.jpg
a0017324_20054290.jpg
a0017324_20055023.jpg
少しばかり手間取ったが火も起き遅いランチタイム。まずはソーセージを焼いてホットドッグ。
ケチャップ、マスタードやレリッシュなどはゆかさんが仕事に行った際、サービスエリアなんかにある小袋を
大量に頂いてきたのがありそれをかけて食べる。
美味しい、とても美味しい!木陰の間をそよ風が通り抜ける心地よい涼しさの中、ビールで流し込むホットドッグは格別!
次はお芋さんをホイル焼きに。できあがったほくほくのお芋さんにバターを乗っけて軽く塩を振る。これまた美味!
a0017324_20055514.jpg
その時にはすでにワインに移行、いい感じにリラックス。
a0017324_20060057.jpg
居酒屋でクダを巻くおっさんにワインを無理やり飲まさてるように見えるが、ここは大自然の中です^^;;;
それにお前はなんで首にバンダナ巻いてんねん?!
a0017324_20060650.jpg
と楽しい飲み会が続き、そうこうするうちに徐々に陽も落ちていき気温もぐっと下がってきた。
ついさっきまで上半身裸やTシャツ1枚で過ごせたのに何か上に羽織るものがないと肌寒い。
a0017324_20061125.jpg
陽がもっと落ちてまわりが暗くなる分、バーベキュー台の火がゆらゆらと燃えるのがより美しく見えてきて、
その火だけを見ていてもまったく飽きがこない。
頭のてっぺんが冷たくなってきたので(とうとう薄くなってきましたよ・・・)ユニクロのライトダウンに着替え
フードをかぶったりしながら火と戯れる。

陽が完全に落ちるともちろん真っ暗闇。他のサイトの火だけが見えるだけ。空には満天の星。
平日ということもあり結構空いているので人の話し声とかほぼ皆無。めちゃめちゃ静か・・・。

明日はハイキングを予定しているのでさっさと就寝。
さてテントの中で寝袋にくるまれて眠るのはどんな感じなんだろう、楽しみだ。
そしてクマたちの「訪問」があったら・・・?!
軽くどきどきしながら眠りにつく。

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2015-09-07 20:21 | diary