<   2016年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 30日

Europe Tour w/Kenny Barron Trio 7.19(tue)~7.25(mon) #2

a0017324_07213551.jpg
7月21日(木) Stresa, Italy
ミラノの空港ホテルをお昼12時に出て、車で1時間ほどのストレーザという街へ向かう。
マッジョーレ湖という大きな湖が目の前に広がる風光明媚な街だ。小さな島々が点在し、僕はなぜか岡山・広島あたりから見る
瀬戸内海を思い出してしまった。006.gif
a0017324_20120061.jpg
あいにくの空模様だが、湖畔に立つホテルの部屋からの眺めも素敵だ。
今日のコンサートは屋外だがこのお天気の具合でいくと近所のホテルのボールルームに場所を替えてコンサート、という可能性も
あるらしい。なんとか持ちこたえて欲しいところだ。015.gif

小腹が空いたのでホテルのバーでワインを飲みながら遅いランチを済ます。うーん、写真が一枚もないのはなぜだ?005.gif

夕方6時半のサウンドチェックの時にはすっかりいい天気になった。歩いて3分の会場へ向かう。
a0017324_07213531.jpg
今日使うベースはまだフライトケースの中。
a0017324_07213512.jpg
小ぶりの軽そうなフライトケースだ。さて本日のベースとご対面だ。
a0017324_07213686.jpg
ソフトケースに入ってないんだね。昔、自分の楽器をフライトケースに入れる時にはまず必ずソフトケースに入れてたけど。

これがなかなか弾きやすいイタリアンベース、弦高もちょうどいい感じ。038.gif
a0017324_07213476.jpg
つい先日購入したH-Clampというベース本体に直接挟んで装着するマイクホルダーを始めて使ってみた。マイクスタンドを
使わないので床からのドラムの振動の影響もないし、マイクの位置が一定しているので音のばらつきもないし、これいいかも038.gif

さっくりとサウンドチェックを終え、ホテルに戻って晩御飯を食べ、着替えて会場に戻る。
コンサートは9時から。陽も落ちて会場の周りの景色もとてもロマンチックだ。
a0017324_07213519.jpg
a0017324_07213540.jpg
a0017324_07213542.jpg
1時間半ほど演奏して滞りなくコンサートは終了、ステージ裏の控え室(?)になっているテントでみんなで乾杯。
歩いてホテルに戻り、部屋でゆかさんとFacetimeでおしゃべりして就寝。019.gif

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2016-07-30 20:50 | diary
2016年 07月 30日

ライブツアー全日程が決定!11月11日〜27日

a0017324_09404211.png
11月のライブツアーの全日程が決まりました。
とは言ってもまだ11日のワークショップ&ミニライブの会場だけは未定ですが023.gif
どうぞよろしくお願いいたします。040.gif040.gif040.gif

北川潔ライブツアー
11月11日(金) ワークショップ&ミニライブ 会場未定 Duo w/片倉真由子(p)
11月12日(土) 南青山 "ボディ&ソウル" Duo w/片倉真由子

11月14日(月) 中目黒 "楽屋" Trio w/中島朱葉(as)&石若駿(ds)
11月15日(火) 渋谷 "NHK SESSION" Trio w/片倉真由子&石若駿
11月16日(水) 大阪 "ミスターケリーズ" Trio w/片倉真由子&石若駿
11月17日(木) 高知 "かるぽーと小ホール" Trio w/片倉真由子&石若駿
11月18日(金) 京都 "ルクラブジャズ" Trio w/片倉真由子&石若駿
11月19日(土) 金沢 "リバーサイド" Trio w/片倉真由子&石若駿

11月21日(月) 名古屋 "ミスターケニーズ" Trio w/片倉真由子&山田玲(ds)
11月22日(火) 長野 "バックドロップ" Trio w/片倉真由子&山田玲
11月23日(水) 長岡 "クックテールくぼた" Trio w/片倉真由子&山田玲
11月24日(木) 仙台 "スターダスト" Trio w/片倉真由子&横山和明(ds)
11月25日(金) 山形 "ノイジーダック" Trio w/片倉真由子&横山和明
11月26日(土) 水戸 "自由が丘スタヂオ" Trio w/片倉真由子&横山和明
11月27日(日) 新宿 "ピットイン" Trio w/片倉真由子&横山和明
a0017324_09411226.png

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2016-07-30 09:43 | diary
2016年 07月 29日

Europe Tour w/Kenny Barron Trio 7.19(tue)~7.25(mon) #1

a0017324_05151020.jpg
7月19日(火) JFK→Milan, Italy
夕方6時半発のデルタに乗ってイタリアのミラノへ。
スーツケースを預けた後はいつものようにラウンジへ行き、出発までワインを飲みながらくつろぐ。
a0017324_05150919.jpg
もちろんエコノミークラスなんだけどステータスがゴールドなのでインターナショナルフライトの時はラウンジが利用できる。
今年は日本行きがあと2回、そしておそらく10月のヨーロッパツアーもデルタで飛ぶので来年のステータスはゴールドから
一つ上のプラチナになるかも。でも、利用規約を読む限り、その二つのステータスの違いがあまりないような気がする。009.gif

a0017324_05150948.jpg
このミラノ行きフライトはなぜか「がらがらフライト」005.gifデルタは人気の航空会社でこれほど空席があることはまずないんだが。
センターは4席、そこを独り占めできるほど空いているので離陸後はみんな肘掛けを上げて簡易ベッドに。中には前の座席に足を
上げてくつろぐ不心得者のアメリカンティーンエイジャーの姿も。013.gif
a0017324_05150872.jpg
いつもは通路側指定の僕も窓側の座席に移動、前後には誰も座っていないし快適だ。
a0017324_05150802.jpg
ご飯時にはいつものヴォッカx2と炭酸水。糖質制限を始めてから飛行機の中ではこればっかり。069.gif
これだけゆったりしているから少しは眠れるかと思ったがやはりダメ、その日はちょうど満月で窓から見えるお月様と雲が
とても綺麗でずっと眺めていた。
a0017324_20380780.jpg
そしてミラノ到着の少し前には眼下にアルプスの山々が見えてきた。めちゃ、綺麗!005.gifでも超〜眠くなってきた019.gif
a0017324_05150836.jpg
7月20日(水) Milan, Italy
ミラノには朝8時過ぎに到着。
ヨーロッパへ飛ぶ時は時差の関係でいつも到着の頃が一番眠い。+6時間の時差なのでヨーロッパ到着はNY時間の夜中すぎ。019.gif
ボーッとした頭で飛行機を降り、パスポートコントロールを通り、スーツケースを受け取り外に出てタクシーで空港ホテルへ。

ホテルに着いたのはまだ朝の9時過ぎ、アーリーチェックインのリクエストが入ってるはずと祈るような気持ちでレセプションの
女性にチェックインしたい旨を告げると「チェックインは午後2時です。」とけんもほろろ。
どうしようもないのでロビーにある椅子に座りそこで待つことに。Wifiが使えるので早速ケニーのマネージャーに状況説明メールを
送ったところ、イタリアのエージェントには朝早くてもチェックインできるようにしておいてって頼んでおいたのに、って
怒りの返事が返ってきた。数回のいろいろなやり取りの後、そのエージェントがホテルに電話して交渉したみたいだが結局部屋に
入れたのが12時半過ぎ、座り心地のあまりいいとは言えない椅子に3時間も座らされる羽目になった・・・007.gif
若い頃ならいざ知らず、もう60歳に手が届くような年齢にこの仕打ちはちょっときついですよ、ホント・・・007.gif
a0017324_05150864.jpg
YouTubeとNetflixを観ながら時間をひたすら潰す。

部屋に入ってとりあえず眠ることに。夕方ごろ起きてシャワーして近所のレストランへ晩御飯。
糖質制限を始めてから久しく食べてなかったスパゲティをいただく。
a0017324_05150990.jpg
ボロネーズ、ミートソースのスパゲティを食べたけどまぁまぁの美味しさかな。イタリアに来るとパスタへの期待値が上がるので
少々美味しいくらいでは満足できなくなってるかも。006.gifワインは当たりでとても美味しかった。
a0017324_05150965.jpg
部屋に戻ってゆかさんとFacetimeでおしゃべりして就寝。長い長い1日だった。027.gif

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2016-07-29 21:18 | diary
2016年 07月 16日

夫婦でマンハッタンへお出かけ

a0017324_21462522.jpg
昨日の夜は本当に久しぶりにゆかさんとデート、今週末はJon Faddis Quartetが"Dizzy's Club"でギグしているのでそれを
聴きにマンハッタンへ出かける。

実はもともとこのギグは僕が最初に頼まれたギグで、でもケニーバロンのマネージャーからヨーロッパツアーのため、15日から
10日間ほどホールドされていて完全に日程が重なっているからという理由でジョンの方を断った。002.gif
ところがいつの間にかケニーのヨーロッパツアーの初日は21日、NYを出発するのが19日ということがわかり、即ジョンに
連絡入れたけどもちろんtoo late、サブ(代役)をベテランベーシスト、Todd Coolmanに頼んでいた。
ケニーのマネージャーにきちんと確認をしておくべきだったな、と反省、ジョンもとても残念がっていた。007.gif

"Dizzy's"に行く前に少し飲んでいこうよ、ということで近所を物色、少し歩いたらバー&グリルがあったのでそこのカウンターで
二人でビールを飲みながら軽く腹ごしらえ。
a0017324_21462521.jpg
2セット目が始まる少し前に"Dizzy's"へ。もちろん入り口付近にはロングライン。でも僕は「顔パス」が効くのでそれをスキップ
してすぐにクラブに入れた。それにしてもここへ来るのは1年ぶりくらいなのに入り口の女の子はよく僕の顔を覚えていてくれたなぁ、
ちょっとビックリ。005.gif
a0017324_23395539.jpg
a0017324_23395596.jpg
セットの途中でジョンにステージに上げさせられ一緒に2曲ほど演奏をする。1曲目はジョンとデュオで"Tin Tin Deo"、2曲目は
クロージングの曲でジョンのオリジナル"Teranga"。普段一緒にやってるので別になんということはないが、でも楽しかった。049.gif

ところでトッドの楽器はそれはそれは弾きにくいものだった。弦高は高いし、エンドピンがいっぱい出てて楽器を斜めにしないと
弾けないし。楽器を斜めにして弾くは本当に苦手。008.gif008.gif008.gifまぁ、でも今ではツアーに出れば初対面の様々な「種類」の楽器を
弾かされているのでどんな楽器でもそつなく弾けるようになったけどね。006.gif

終わってからみんなにバイバイをして車でブルックリンへ戻る。
やっぱり奥さんとのデートは楽しいねぇ。お互い(ゆかさんだけ?)多忙だからなかなかチャンスはないけれどこういう時間は
大事にしないといけないね。010.gif053.gif

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2016-07-16 23:50 | diary
2016年 07月 15日

Happy Birthday, Mike!!

a0017324_09455111.png
今日は僕の大好きなトランペッター、Michael Rodriguez(マイケル・ロドリゲス)の誕生日だ。
NYには素晴らしいトランペッターが数多くいるが、音色・リズム・フレーズ等々全てにおいて彼の右に出る人はそうはいない。
ここのところ一緒に演奏するチャンスに恵まれていないがまた共演できることを心から願っている。

是非ぜひ多くの人にマイクの素晴らしさを知ってほしいので以前にも貼ったけれども再掲します。Enjoy!!049.gif

Mike Rodriguez Quintet Live at Dizzy's Club May 15, 2015 - from 1st Set
Mike Rodriguez - trumpet, flugelhorn
John Ellis - tenor sax
Gerald Clayton - piano
Kiyoshi Kitagawa - bass
Rodney Green - drums



[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2016-07-15 07:22 | diary
2016年 07月 13日

CDBabyに50枚ほど送ったよ。

a0017324_22524830.png
2週間ほど前からまたまた品切れになっていたWalkin' AheadのCDがリストックされました!⇨CDBaby
どうぞよろしくお願いいたします040.gif040.gif040.gif

毎度のことですが、しつこくWAのPVを貼ります015.gif027.gif060.gif



[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2016-07-13 23:01 | diary
2016年 07月 11日

しょぼ〜ん・・・。

a0017324_11445341.png
今日から3日間予定されていたJon Faddis Quartetの新譜レコーディングが延期されちゃったよ〜。
もちろん録音スタジオ(うちから車で10分のお気に入りスタジオ、Systems Two)も決まっていたのに先週金曜の夜、ジョンから
「事情があってレコーディングを延期することになった。大変申し訳ない。」と普段の彼らしからぬシリアスな話し声で
電話してきた。詳しい事情はもちろん知る由も無いがレコード会社との話し合いがうまくいかなかったのかな。002.gif

前作Terangaをリリースしたのが2006年、もちろんそれ以降ジョンはいろいろなアルバムに参加はしているもののこのレギュラー
カルテットで10年もアルバムを出していない。ここ数年、そろそろ新譜を録音したいねぇ、とジョン自身もずっと言ってたから
話が具体的になってきて喜んでいたのに間近で延期はちょっとしょぼ〜んだね。025.gif
まぁでも延期ということなんでレコーディング自体の話はおじゃんになっていないはず、なのでその時を楽しみにしてさてさて
練習でもしますかね。029.gif

おっとその前にゆかさんを起こさなきゃ。010.gif

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2016-07-11 22:36 | diary
2016年 07月 11日

2日連続病院通い

a0017324_13490645.jpg
腰痛に苦しめられて早1ヶ月が経った・・・。002.gif
普段なら腰が痛いといっても2日もすれば自然と治ってしまうのが今回はどうしたことか、未だに痛みが去ってくれない。007.gif007.gif
ここ2回ほどの鍼治療でずいぶんと良くはなったがまだ腰が張っているというか、重いというか、特に朝は痛みがある。
さてさてどうしたものか。きちんと整形外科で診てもらった方がいいかもしれない。
a0017324_13490693.jpg
鍼を受けた翌日は耳鼻科へ定期検診。
インスタグラム(Instagram)にも書いたが聞こえる方の左耳がたまに不調になるのでそれを3ヶ月に一度、定期的に
チェックしてもらっている。ここのところは何事もなく問題なし、次の検診は4ヶ月先の11月。
左耳が聞こえなくなると音楽活動をするという以前の問題で日常生活に大きな支障をきたすので注意が必要、
大いに気をつけないといけない。027.gif


[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2016-07-11 14:09 | diary
2016年 07月 11日

"Montreal Jazz Festival" w/Kenny Barron trio 7.4〜5 '16

a0017324_19515856.jpg
今週の月曜、ラ・ガーディア空港発の早朝便でカナダのモントリオールへ。
随分と久しぶりのモントリオールジャズフェス出演、とても楽しみだ。

カナダへの入国は今までなら別室に通されそこでパスポートもグリーンカードも係官に持って行かれ入念にチェックされ
例外なしに小一時間は確実にかかったのが、システムがドラスティックに変更されたのか、別室に通されることもなく
持参したフェスティバルからの「Invitation Letter」2通にサッと目を通し、あっさりとパスポートに入国スタンプを
押してくれて、ニコッと「Have a great day!」(ちなみにこの係官、とても笑顔の素敵な若い女性でした。)
えーーっ、それで終わり?!2分もかかってないやん?!とは思ったものの、ニコッと笑ってThank you!012.gif
拍子抜けすること甚だしいがカナダへの入国が簡易化されたのは喜ばしい。でも、この物騒な世界情勢の中大丈夫なのかと
他人事ながら心配になってしまう。

お迎えのバンでホテルへ。ホテルは毎回同じのハイアット。どの会場へも徒歩圏内なので超楽チン。
サウンドチェックはお昼2時、本番は夕方6時から1時間半ほど。
今日と明日の2日間ケニーバロントリオのコンサートだが、今日はトリオにゲストアーティストとして今まで数回共演経験のある
Elena Pinderhughes(fl,vo)がジョインすることに。
今回、エレナはフルートはもちろん歌も唄うことに。彼女が歌うのはスタンダードとかじゃなくケニーのオリジナル曲。
実はケニーは知り合いの誰か(作詞家???)に頼んで自分のオリジナル曲に歌詞をつけてもらっている。
僕も参加した「Traveler」というアルバムにはそのうちの数曲が収められている。

サウンドチェックの時にざっとおさらい。曲はもちろんよく知ったものばかりだけど、彼女用のキーになっているからサウンドが
全く別物、違和感が半端ない。例えば長年演奏している"Cook's Bay"という曲はオリジナルはCだけど彼女のキーはBb、
イントロが出た瞬間笑っちゃった。あまりに曲の持つ雰囲気が違いすぎて体がよじれるよ〜005.gif

サウンドチェックが終わってホテルへ戻る。プラプラ歩いて3分ほどの距離。1時間ほど部屋でゆっくりして5時半頃会場へ戻る。
a0017324_19515976.jpg
ではここでこの2日間のセットアップをご紹介。
マイクは普段ならノイマンとDPAのダブルなんだけどジョナサンとライブする時はノイマンがドラムを拾いすぎるのでDPAだけ
使用。ドラムのかぶりを極力避ける為、ベーシストたちがみんな使っているDPAのマイクよりもひとまわり小さなマイクを僕は
持っていてそれをFホールに入れている。
これは今年の4月にギグをしたSFジャズのエンジニア(由良政典さんという日本人の方、彼は素晴らしい!)に教えてもらった
方法でその時以降どの会場でもこのやり方040.gifこのDPAの音をモニターに返してもらうんだけどこれが実に優秀なマイクで
米粒大ほどの大きさなのに高音から低音まできちんと拾ってくれる優れものだ。049.gif049.gif049.gif

コンサートは両日ともに夕方6時に始まり8時前には終了、僕は演奏後は腰が痛いのでそのままホテルへご帰還。007.gif
a0017324_19515934.jpg
ジャズフェスティバルとはいうものの相変わらずどこからもジャズサウンドは聴こえてこず、ジェームスブラウンのコピーバンドの
ようなバンドが大喝采を受けて大盛り上がり、まぁ夏だしそれでいいんだろうね、でもでも、なんだかなぁ・・・。002.gif002.gif002.gif
a0017324_19515990.jpg
使用したベースについていた謎の「JAZZ 5」のラベル。一応「これ、取っていい?」って聞いたけどなにこれ???015.gif
a0017324_19515937.jpg

[PR]

by kiyoshi-kitagawa | 2016-07-11 10:03 | diary