K's Weblog

kitagawa.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 21日

今週もまたKenny BarronとVillage Vanguard!!

a0017324_07403192.jpg
12月20日(火)〜25日(日)
Kenny Barron Quintet - Dayna Stephens(ts), Steve Nelson(vib), Kiyoshi Kitagawa(b), Johnathan Blake(ds)

今週は先週のレギュラートリオに、スティーヴ・ネルソン(vib)とデイナ・スティーヴンス(ts)という「奇才」二人が加わっての
クインテットでのライブだ。この二人の組み合わせで演奏するのは初、一体どんな風に音楽が創り上げられていくのか本当に
楽しみで仕方がない。045.gif045.gif

スティーヴとはドラマーのベン・ライリーのカルテットで一緒だった。何年頃かなぁ・・・、確か90年代後半だったと思う。
ちなみにギターのTed Dunbar(テッド・ダンバー)が参加していた。005.gifただこのバンドは残念ながらテッドが亡くなってしまった
ので解散した。テッドのギターはあまりに個性的で他のギターではどうしても音楽的に違和感があったからだ。
スティーヴとは最近また彼のカルテットで活動を共にし始めた。ヴィレッジの"Smalls"というクラブで隔週火曜日、定期的に演奏
している。049.gif043.gif
デイナとはケニーのクインテットのヴァンガードでのライブが初共演だった。その後、デイナのCrissCrossレーベルからの
デビューアルバム"Today is Tomorrow"に僕も参加、そのリリース後はしばらく一緒に活動した。045.gif

レパートリーはおそらくケニー自身のオリジナルが大半を占めると思う。なにせリハーサルが今日20日の本番前のサウンド
チェックで、ということなのでまだどの曲をやるのか誰も知らないはず。006.gif

ところで、いい記念だと思い20年以上前に撮った写真と同じようなポーズで先週日曜日、終演後にパシャリ。003.gif
a0017324_01380092.jpg
ベースもベースケースも当時のまま。ベースは当然だとしてもケースが超〜長持ちしてるね。買ったのは1989年のはず、もう27年
も買い換えることなく使っている。005.gif005.gif005.gifまたこんな記念写真が10年後とかに撮れたら楽しいなぁ・・・。037.gif

[PR]

# by kiyoshi-kitagawa | 2016-12-21 02:07 | diary
2016年 12月 17日

今週と来週はKenny BarronとVillage Vanguard!

12月13日(火)〜18日(日)
Kenny Barron Trio - Kiyoshi Kitagawa(b), Johnathan Blake(ds)
12月20日(火)〜25日(日)
Kenny Barron Quintet - Dayna Stephens(ts), Steve Nelson(vib), Kiyoshi Kitagawa(b), Johnathan Blake(ds)

一昨年から恒例となったクリスマス週間のヴィレッジヴァンガードでのライブ、今年はもう1週加えて2週間連続となった。
1週目はレギュラートリオ、2週目はフロントにテナー&ヴァイブというちょっと珍しい編成のクインテットでのライブ、それも
デイナ・スティーヴンスとスティーヴ・ネルソンという異才二人が加わるのでもうこれも超〜楽しみだ!043.gif045.gif

以前ベン・ライリーがドラムを叩いていた頃は毎年トリオでヴァンガードには出ていたが、ベンが退いて以来、トリオで
ヴァンガード出演は初かもしれない。ジョナサンがトリオに加わって約7年だが毎年管楽器が入っていた。

ケニーとベンと一緒にヴァンガードに出てた証拠写真、見っけ〜。005.gif037.gifこれっていつ頃かなぁ?まだ髪の毛があるから1999年
以前なのは確か。めちゃくちゃ懐かしいな。
a0017324_06513479.jpg
ところでつい先日、今年の3月にリリースされたこのトリオでの初アルバム"Book of Intuition"がグラミー賞の
Best Jazz Instrumental Albumにノミネートされたとのニュースが入ってきた。
普段演奏している曲を普段通りに演奏しそれを「記録」したアルバムが注目されたことに大きな意義があるように感じる。
実に素晴らしいことだ。043.gif

[PR]

# by kiyoshi-kitagawa | 2016-12-17 07:05 | diary
2016年 12月 17日

Kiyoshi Kitagawa Duo & Trio Japan Tour 2016 #8

a0017324_13511352.jpg
11月16日(水) 大阪「ミスターケリーズ」
朝9時半頃ホテルをチェックアウトし新宿から中央線に乗って東京駅へ。マネージャーの菅井氏は昨夜10時過ぎに車にベースと
スーツケースを積んで大阪へ向かった。メンバー3人は各自新幹線に乗って大阪へ。
東京駅地下で駅弁購入。デパ地下同様、実に美味しそうなもので溢れていて弁当一つ買うのに行ったり来たりウロウロうろうろ。
a0017324_13505616.jpg
結局、迷いすぎて何が何だかわけがわからなくなった時に目の前にあった牛タン弁当を買い求めた。012.gif
a0017324_13505657.jpg
新幹線チケットは数日前に購入済みだったが東京駅に早く着いたので1本前ののぞみに変更してもらう。相変わらず新幹線は快適、
一人旅感を満喫する。旅のお供はこちら。文句なしに美味い!038.gif
a0017324_13505640.jpg
新大阪には1時過ぎに到着、在来線で大阪駅に向かう。ホテルのチェックインは2時なのでまだ少し時間があるので梅田にある
ヨドバシカメラへ立ち寄りUSBメモリーを購入。これに先日”楽屋”でライブ録音した音源を入れてもらう予定。

2時にケリーズが入っているビルの上階にあるホテルのロビーに行くとちょうど菅井くんがチェックイン中だった。既にベースも
スーツケースも持ってきてくれている。本当によくやってくれていて感謝感謝な毎日だ。
サウンドチェックの4時半まで部屋でしばし休憩。

リハがてらのサウンドチェック。NHKではやらなかった僕のオリジナル数曲なんかを音合わせ、二人の見事さに脱帽だ。003.gif
ベースの音はいつものようにアンプは使わずにモニタースピーカーを立ててもらってそこからノイマンの音を返してもらう。
プリアンプを買ってからというもの、ベースのピックアップは使わなくなった。ノイマンかDPAのマイク→プリアンプ→ベース
アンプかモニタースピーカーというセッティングに落ち着いた感がある。
a0017324_13505765.jpg
ライブは7時半スタート、いつものように満席だ。多くの知人たちの顔も見える。嬉しい限りだ。016.gif
a0017324_13511401.jpg
演奏は実に満足いくものだった。真由子&駿の緊張感あふれるインタープレイのおかげで音楽がどこまでも膨らんでいく感じだ。
この二人と知り合えたことは自分の音楽人生において、NYで経験したいかなる出来事に勝るとも劣らない、エポックメイキングな
ことだと確信している。043.gif045.gif
a0017324_13511432.jpg
さて明日は高知へ。ライブはもちろんのことだが、高知でしか味わうことのできないあの超絶美味な鰹の塩たたきが楽しみだ!070.gif

[PR]

# by kiyoshi-kitagawa | 2016-12-17 07:04 | diary
2016年 12月 13日

Kiyoshi Kitagawa Duo & Trio Japan Tour 2016 #7

a0017324_07162658.jpg
11月15日(火) NHK放送センター
今日は約3年ぶり(?)のNHK-FM”セッション2016”の公開録音だ。前回はWalkin' Aheadでの出演だった。
今日から19日まで片倉真由子&石若駿の強力コンビとのトリオライブだ。長い間待ち望んでいたよ〜。045.gif

サウンドチェックで音を出した瞬間からこの二人の見事なケミストリーに鳥肌が立つ。二人の紡ぎだす音は紛れもない「ジャズ」!
音楽がどんどん膨らんでいく感じがたまらない。二人に圧倒されっぱなしでちょっと困っちゃったね。006.gif

さて、本日のセットリストはこんな感じ。
・A Beautiful Friendship
・Lost Ring
・I'll Remember April
・Stairway to the Stars
・You Know What
で、アンコールには、Embraceable You
a0017324_07162791.jpg
時間はアンコールを入れて約60分ほど、ステージの向かいの壁にデジタル時計があり、それが経過時間を教えてくれるので
軽〜く気にしながら時間通りに収めるように演奏を進めていく。
a0017324_07162690.jpg
真由ちゃんと駿と久しぶりに一緒に音を出せて本当に幸せな気分になれた。あー、二人とも素晴らしすぎる・・・。003.gif
a0017324_07162707.jpg

[PR]

# by kiyoshi-kitagawa | 2016-12-13 07:49 | diary
2016年 12月 13日

Kiyoshi Kitagawa Duo & Trio Japan Tour 2016 #6

a0017324_20391348.jpg
11月14日(月) 中目黒”楽屋”(「がくや」ではなく「らくや」です、念のため006.gif
夕方、高崎さんのところへベースをピックアップ、そしてそのまま”楽屋”サウンドチェックに向かう。
今日のライブは中島朱葉(as)&石若駿(ds)の二人とコードレストリオのライブ。あきはさんとは初共演、夕方5時にお店で
「初めまして」。そう、会ったことすらなかった。サックストリオでのライブを決めた時、駿くんにアルトの人を紹介してくれる
ようお願いしたところ彼女を推してくれた。彼女のスケジュールもうまい具合に空いていたので即決定。

リハーサルも兼ねたサウンドチェックはもちろんスムーズに進んだ。前もって「やりたい曲リスト」と何曲かの譜面は送っていた
のでリハーサルといってもメロディをざっと確認するだけ、なんの問題もない。二人とも実にお見事だ。
a0017324_20391202.jpg
”楽屋”ではマルチでライブ録音をしてもらえるので、アルバムにするかどうかはわからないがとりあえず録音をお願いした。リハを
録音したものを少し聴かせてもらったがいい音で録れてて3人ともニコニコだ。045.gif

8時ライブスタート、セットリストは以下。
1st.
・I Mean You
・Equinox
・Prelude To A Kiss
・I Can't Get Started
・Evidence
2nd
・I'll Remember April
・Alter Ego
・You Don't Know What Love Is
・All Blues
・You Know What
アンコールはEmbraceable You。

コードレストリオの時には自分のオリジナル曲はほぼ演奏しない。コード楽器ありきで曲を書いているのでコードレスでは違和感が
あり過ぎて頭が拒絶してしまう。唯一、You Know Whatはマイナーブルースなのでコード楽器なしでも問題なく演奏できる。
a0017324_20391261.jpg
ライブは最初から最後まであきはさん&駿くん二人の凄まじい演奏に圧倒されっぱなしだった。二人ともまだ若干24歳、うーん、
なんでこの若さでこんなにも余裕のあるリラックスした演奏ができるんだろう?005.gif005.gif005.gif特にあきはさんは僕とは初共演、それに
コード楽器というある意味「隠れ蓑」がないサックストリオ、普通ならもう少し演奏がギクシャクすると思うんだが、全くそんな
ことなく、実に威風堂々、立派な演奏だった。駿くんの素晴らしさは今更言うまでもないところ、繊細かつ大胆、常に創造的で
あろうとするところが本当にかっこいい。

いつかまたチャンスがあれば是非是非このメンバーでライブがしてみたい、そう思わせてくれる素晴らしい夜だった。006.gif
a0017324_20390267.jpg
a0017324_20384297.jpg
a0017324_20390214.jpg
上4枚の写真は、ここ”楽屋”の常連さん(?)、Kiyoshi HaraguchiさんがFBにアップされたものを使わせていただきました。
素敵な写真をありがとうございます!

[PR]

# by kiyoshi-kitagawa | 2016-12-13 00:10 | diary