K's Weblog

kitagawa.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 06日

ワイヤレスついでのコードレス

a0017324_07204761.jpg
昨日は僕が持っている「ワイヤレス」のオーディオ製品のことを書いたが、そのついでと言ってはなんだが今日はつい先日
ゆかさんが買ってくれた「コードレス」の掃除機について書きますかね。これは彼女がこの間まで3ヶ月間、週6日で働いた
ブロードウェイのショーで稼いだお金で買ってくれた半年(!)早い僕への誕生日プレゼント、らしい・・・。105.png
うーん、なんだろこの「毎日ちゃんと掃除しなさいや」プレッシャーは・・・。117.png

さてこれがその掃除機、Dyson V8
これ、マジで超〜優れもの。165.png165.png165.pngコードレスなので手軽にサッと使えてホント便利。うちは子犬くんがいて毛がたくさん
落ちるので、普段は「コロコロ」(?)と言われる粘着テープを巻きつけたロール状のものを使っていたが、このダイソンの
掃除機を使ったらそんなもの不必要、見事なまでに実に簡単にカーペット上の無数の毛を吸い取っていく。
これは実際使っていてホントに楽しい。吸い取った埃や塵を捨てるのもワンタッチでめちゃ簡単。それに透明のタンクに
集められるのでどれだけ溜まったかが一目でわかってこれも掃除が楽しくなる理由の一つかも。
ん?あれ?掃除が楽しいって、まんまとゆかの目論見にハマってるんちゃうん・・・。150.png

[PR]

# by kiyoshi-kitagawa | 2017-07-06 09:41 | diary
2017年 07月 05日

Boseのワイヤレス3種

a0017324_11403528.jpg
僕のお気に入りのBoseワイヤレスヘッドホンとスピーカー。左からQuietComfort35, SoundLink Mini Ⅱ, SoundSport。
QC35はツアーの必需品、SoundLinkは台所仕事の必需品、SoundSportは散歩の必需品。TPOに合わせて使い分けている。

QC35はノイズキャンセリングなので飛行機に乗るときには欠かせないヘッドホン。今までBoseの各種ヘッドホンをずっと使い
続けているがこれは今までのものと比べると着け心地が最高だ。つい先日オーストラリアツアーに行ってきたがあの長時間
フライトの間、ほぼ着けっ放しだったが耳が痛くなることはなかった。音はいつもの長時間聴き続けても疲れないボーズサウンド。ノイズキャンセリング力も素晴らしい。
SoundLinkはケニー・バロンがツアーにいつも持って来ていたので以前から興味があり、何かの拍子に大人買いしてしまった。
これが思っていた以上に便利な優れもの。小さくてもしっかりとボーズサウンド、お見事だ。
SoundSportはノイズキャンセリングではないがearbudsが耳にすっぽりとフィットするので遮音性も悪くない。音はこれまた
柔らかく包み込むようなボーズサウンド。ジャズでもクラシックでもビートルズでもカーペンターズでもサイモン&ガーファンクル
でもユーミンでもはっぴいえんどでも何を聴いてもいい音だ。

それにしてもこのワイヤレスの開放感は素晴らしい。あの煩わしいコードに束縛されることなく音楽や映画を楽しめることが
これほどまでに素敵なことだとは、本当に想像以上だったな。

[PR]

# by kiyoshi-kitagawa | 2017-07-05 04:33 | diary
2017年 07月 04日

夏の1日

a0017324_11402860.jpg
秋冬大好き人間の僕にとっては夏至が過ぎこれから日毎に陽が短くなっていくのが気持ちの上で薄っすらではあるが喜ばしいものが
ある。もちろんまだまだ夏の陽は厳しく照り注ぎ陽が短くなっていくのを感じることはできないが、日没時間がほんの少しずつ短く
なっていく現実に心躍るものがある。
a0017324_11400491.jpg
今日も暑かった。NYの夏は日本に負けないくらい湿度が高い日が続くことがよくある。朝起きて部屋を歩くと床が湿っていること
なんて夏の日常茶飯事だ。おかげでベース自体が「膨らみ」弦高がびっくりするくらい高くなっていたりする。表板と裏板の間に
1本の円柱状の木が挟まっているが(魂柱という。英語ではsound post)夏と冬の気候の違いで楽器が膨らんだり縮んだりするので
魂柱を替えてそれに対応することが望ましく、一時は夏用、冬用、それにその中間の長さの春秋用の魂柱を持っていたこともある。

明日、7月4日はアメリカの独立記念日。うちでは別に特別何があるわけでもなく、ゆかさんは夜はロングアイランドへ仕事、僕は
子犬くん(今年1月にうちにやって来たフレンチブルドッグ、名前はぽこの、男の子です)のお世話、とまぁ、普段の生活だ。
そう、近々、ぽこのくんの紹介をしないといけませんね。109.png

[PR]

# by kiyoshi-kitagawa | 2017-07-04 12:13 | diary
2017年 07月 01日

Kenny Barron Trio Live at Koerner Hall, Tronto 10.29.'16



知人に教えられて初めて知ったYouTubeにアップされているケニー・バロントリオのビデオ。昨年10月、カナダのトロントで
行われたコンサートの模様。この夜は75分の1回セット、これはその後半部分がアップされている。
それにしてもこのビデオのことは全然知らなかったな。映像も音もとても良質、ベースの音が生音で録られていていい音。
ただベース弦が新品だったせいか演奏中にチューニングが少しずつ下がって、特にG弦の音程が低くなっているのが気になるけど。

曲は、まずチャーリー・ヘイデンの'Nightfall'、そしてケニーのオリジナルが3曲、'Budlike'、ソロピアノで'Song for Abdullah'、
そして最後に'Cook's Bay'。

[PR]

# by kiyoshi-kitagawa | 2017-07-01 20:13 | diary
2017年 05月 21日

マクレンティ・ハンター(McClenty Hunter)のビデオ



さて8月の「ミスターケリーズ」での北川潔NYトリオ公演、ピアノのケニー・バロンについては今更何も言うことはないと
思いますが、ドラムのマクレンティ・ハンターは日本ではそれほど知名度は高くないかもしれません。
そこで、参考資料としてYouTubeからレギュラーで活動していたアルトサックスのケニー・ギャレットのバンドで演奏している
ビデオをピックアップしてみました。

僕はマクレンティと一緒に演奏したのは数回ほどですが、実にシャープで的確でそして耳がよくとても音楽的なドラムを叩く
ドラマーだと本当に感心させられました。いつか是非また一緒にと思っていましたが、今回このような形で実現したのが本当に
嬉しいです!

[PR]

# by kiyoshi-kitagawa | 2017-05-21 12:56 | diary